白ごはん.com

新着レシピ

検索

人気のキーワード

基本のポテトサラダのコツとレシピ/作り方

ポテトサラダの写真

調理時間:30分以下

まとめて作って普段の献立の一品に、ビールのおつまみに、子供から大人まで大好きなポテサラことポテトサラダ。

家庭ごとに具材や味付けも様々だと思いますが、今回は、基本的な具材や味付けで、ちょっと作りやすくしたポテトサラダのレシピを紹介できればと思います。
【保存の目安:冷蔵で3日ほど】

スポンサーリンク

ポテトサラダの材料 (2〜3人分)

  • じゃがいも(男爵いも) … 3個(約300〜350g)
  • きゅうり … 1/2本
  • 玉ねぎ … 1/4〜1/6個
  • ゆで卵 … 1個分
  • ハム(薄切り) … 2~3枚
  • マヨネーズ … 45g(約大さじ3)
  • 粒マスタード(あれば) … 小さじ1/2
  • 塩 … ひとつまみ
  • こしょう … 少々

スポンサーリンク

美味しく作るコツ満載!ポテトサラダの作り方

美味しいポテトサラダを作る4つのコツ

はじめに基本となるこのポテサラレシピのコツをまとめます。

① 芋はホクホク系の“男爵いも”がおすすめ!
② 芋は丸ごと加熱せずとも、ある程度つぶしやすい大きさで『塩ゆで』でOK!
③ きゅうりと玉ねぎは『氷水+塩』でシャキッと!

ポテトサラダの芋の種類とゆで方

買い求めやすいじゃが芋の中では、ホクホク感のある“男爵いも”がポテサラには最適だと思います。

芋の加熱は、皮ごと蒸したりゆでたりする方法もあります。ただ、さらしや軍手も使って熱々の芋の皮をむくのも大変なので、つぶしやすい大きさに切って、塩をきかせてゆでるのがやりやすくも美味しく仕上がると思います。

まず、じゃが芋は皮をむいて半分に切り(大きければさらに半分に切ってから)1~2㎝幅を目安に切りましょう。

鍋にたっぷりの水と切った芋を入れ、そこにティースプーン山盛り1杯分の塩(分量外)を加え、火にかけて水からゆでます。

ゆでるときに塩をきかせることで、芋の甘みが引き立ち、水っぽさも感じにくくなります。

じゃが芋は大きめのものの中央までしっかり火が通っていることを確認し(串を刺したり食べてみたり)、ざる上げしてそのまま粗熱を取ります。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。

ポテサラの具材の切り方/準備

玉ねぎときゅうりは、それぞれ薄切りにします(この写真では、きゅうりは縦半分に切ったものをまな板の上において斜め薄切りにしました)。

この2つの野菜の下ごしらえとして、「玉ねぎは辛みを抜き」「きゅうりは塩をしてしんなりさせたい」ので、海水くらいの濃いめの塩水に氷を入れて冷やし、玉ねぎときゅうりの下ごしらえを同時に行うと便利です。

ボウルに水300mlと塩小さじ2(分量外)を合わせ、そこに氷を軽くひとつかみ加えてください。塩を溶かし混ぜてから、きゅうりと玉ねぎを10分ほど浸し、取り出すときは両手でしっかりと水気をしぼって準備完了です。

ハムは短冊形に切り、卵はゆで卵のゆで方を参考に10~12分くらいの固ゆでにして冷まし、殻をむいてから粗く包丁で刻みます。

ポテトサラダの味付け/レシピ

冷蔵庫で芋がある程度冷えたらポテサラの味付けをします(芋がまだ熱い状態だとマヨネーズが分離してしまうので冷ましてから!)

まずはじめに、スプーンやヘラなどでじゃが芋を好みの大きさにつぶします(今回私はスプーンで粗くつぶしました)。

※ここでのつぶし加減は好みでOKです。なめらかな仕上がりにしたい場合はポテトマッシャーを使っても。

芋をつぶした後に味付けを行います。まず、全体にしっかり混ぜ合わせたい調味料(マヨネーズ大さじ3、こしょう、好みで粒マスタード)と切ったゆで卵を加えます。

※こしょうは風味の強い粗びき黒こしょうでも、普通のこしょうでも好みのもので、また、粒マスタードは風味を少し良くするために、あれば隠し味として加えてみてください(なければなしで大丈夫です)。

全体を混ぜ終えたら、次に水気をしぼったきゅうりと玉ねぎ、ハムを加えます。

最後に味見をしてみて、全体的に味が薄ければ『マヨネーズ』を足し入れ、コクはあるけど塩気だけが足りないときは『塩』を加え、味を調えたら出来上がりです。

※下の写真では盛り付けた時に粗挽きの黒こしょうをたっぷり振りかけています(お好みでどうぞ!)

【補足】

  • 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。
  • 好みでゆでた人参やグリーンピース、炒めたベーコンなど具材を変えてみてもいいですし、手作りマヨネーズで挑戦したり、ゆで玉子の代わりに“卵黄”だけを加えてコクを出す、なんて方法もあります。
  • 芋は皮ごとゆでる方がいい、さらに熱いうちにつぶした方がつぶしやすいし水気もさらに飛ぶ、といった考え方も…。でも、適当な大きさに切ってから塩ゆでして、水につけることなく冷まして他の調味料と混ぜ合わせる、という工程は個人的に理にかなったものかなと思っています。ゆでる時間が短いので、省エネなうえ塩気も適度に付いて水っぽさを感じたことはありません。参考になりましたら。
  • 更新情報:写真を大きくして、レシピ工程を一部変更しました(2020/04)
  • 器情報:藤井敬之さんの器

スポンサーリンク

夏レシピランキング

スポンサーリンク

人気のキーワード

白ごはん.com監修 だしブレンド

材料を
閉じる

ポテトサラダの材料 (2〜3人分)

  • じゃがいも(男爵いも) … 3個(約300〜350g)
  • きゅうり … 1/2本
  • 玉ねぎ … 1/4〜1/6個
  • ゆで卵 … 1個分
  • ハム(薄切り) … 2~3枚
  • マヨネーズ … 45g(約大さじ3)
  • 粒マスタード(あれば) … 小さじ1/2
  • 塩 … ひとつまみ
  • こしょう … 少々

メモを
閉じる

メモを保存すると自動的に
お気に入りに登録されます。

お気に入りを登録しました!

メモを保存しました!