おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

山芋のふわふわ焼きのレシピ/作り方

山芋のふわふわ焼きの写真

調理時間:10分以下

この山芋のふわふわ焼きは、居酒屋メニューの『山芋の鉄板焼き』、これをお家でフライパンで作ろう!というレシピです

仕上げはお好み焼きソースでもいいのですが、ポン酢しょうゆをかけてさっぱり食べるのもおすすめなので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
山芋
かつお節
ねぎ
お酒のつまみ

印刷する

山芋のふわふわ焼きの材料 (2~3人分)

  • 山芋 … 200g
  • かつお削り節 … 1パック
  • 刻みねぎや青のり … 少々
  • ポン酢しょうゆ … 適量
  • マヨネーズ … 適量
  • サラダ油,米油,菜種油などの植物油 … 小さじ1ほど
  • 卵 … 1個
  • 醤油 … 大さじ1/2
  • 酒 … 大さじ2

スポンサーリンク

山芋のふわふわ焼きの作り方

山芋の下ごしらえ

このレシピは、水っぽい長芋ではなく、大和芋、つくね芋、いちょう芋、自然薯など、粘りの強い山芋を使って作ります。

山芋はさっと洗ってから、皮をピーラーや包丁でむき取ります(このとき手で持つ部分を残して皮をむくと、すりおろす作業がやりやすくなります)。

※自然薯の下ごしらえはとろろご飯のページを参考にしてください。

おろし金で円を描くようにすりおろします(粗い・細かいの違いがあるものなら、細かいほうで)。

手で持つ部分として残した皮に近くなれば、皮をむいて、同じようにすりおろします。

すりおろした山芋に、Aの卵1個と調味料(醤油大さじ1/2、酒大さじ2)を加えます。

山芋と卵、調味料がまんべんなく混ざるように、箸などを使ってしっかりと混ぜます。

山芋のふわふわ焼きのレシピ

フライパンに油小さじ1ほどを入れて弱めの中火で熱し、熱くなれば生地を全量加えます。

生地に偏りがあれば平らにならし、蓋をして、弱火に火加減を落としてから加熱していきます

フライパンのサイズにもよりますが、弱火で5~6分ほど加熱すれば生地の中央以外は火が通っているくらいになっているかと思います。

そうなれば、フライ返しを使って生地を裏返し、反対側を1~2分ほど焼いて出来上がりです。

※中央部分がやわらかくて裏返しづらい場合は、蓋をしての蒸し焼きの時間を少し延ばして、固まってきてから裏返しても。

山芋のふわふわ焼きの仕上げ

焼けた山芋のふわふわ焼きを器に盛り付け、かつお節を全体に散らし、続けて市販のポン酢しょうゆをスプーンで全体にまわしかけます

最後に刻みねぎか青のりを散らして、好みでマヨネーズをそえて完成です。

【補足】

  • 大きいフライパンで生地を広げすぎると、仕上がりが薄くなるので注意が必要です!大きすぎないフライパンを使うか(※今回は22㎝大のフライパンを使用)、生地が広がりすぎないようにそっと生地を流し入れてみてください。
  • 丸や楕円の『鉄板』で作る場合でも、同じように作ってみてください。裏返せない場合は、ある程度焼いた後に魚焼きグリルやトースターで表面を少し焼いてもOKです。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
山芋
かつお節
ねぎ
お酒のつまみ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング