おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

油揚げの薬味まきまきのレシピ/作り方

油揚げの薬味まきまきの写真

調理時間:10分以下※油揚げの煮物を作る時間は除く

料理を出すお店をする可能性は低いけど、いつかあるかもしれない…。その時に何をメニューに加えようか…、と考えたときに真っ先に出てくる"おつまみ"がこの料理です。

常備菜として作り置きした"油揚げの煮物"をフライパンでさっと焼き、そこに好みの薬味をたっぷりのせていただきます!これが美味しいんです。肉や魚を使わず、ここまで満足感のあるおつまみも少ないのでは⁈なんて思います。

このレシピのキーワード
酒のつまみ
油あげ
大根
おろしねぎ
生姜
大葉
ヴィーガン(動物性素材不使用)

印刷する

油揚げの薬味まきまきの材料

  • 油揚げの煮物 … 一人4~5枚ほど
  • 大根おろし、刻みねぎ、大葉のせん切り、おろし生姜など … 適量
  • 醤油 … 少々

スポンサーリンク

油揚げの薬味まきまき

油揚げの薬味まきまきの作り方

常備菜にもなる油揚げの煮物は、冷蔵・冷凍保存ができるので時間のあるときに作っておくとよいです。

『一人あたり4~5枚の油揚げの煮物と、数種類の薬味』を準備します。大根おろしはおすすめの薬味なのでぜひ用意してみてください。他にも大葉のせん切りは切ったらさっと水にさらし、おろし生姜や刻みねぎも好みで準備します。

※薬味はみょうがの輪切りや、もみじおろし、柚子胡椒なども美味しいので、好みのものを用意して合わせてみてください。

薬味が準備できたら、食べる前に油揚げをさっと焼きます。煮汁たっぷりでは食べづらいので、軽く箸で押さえるなどして、油揚げの汁気を軽くしぼっておきます。

※保存容器の中でも底のほうの油揚げは煮汁を吸っているので、しっかりめに汁気をしぼるとよいです!

フライパンに油揚げの煮物を並べ、片面1~1分半ずつほどを目安に、軽く焼き色がつくまで焼きます

※テフロン加工であれば油なしでOKですし、鉄フライパンなどであれば少量の油をなじませた後に、弱めの中火で焼いてください。

油揚げの薬味まきまきの食べ方

器に焼いた油揚げの煮物と、準備した薬味を盛り付けます。

食べる時は、小皿に油揚げを取り、その上に好みの薬味をのせます。醤油少々をたらしても美味しいのでそこはお好みで。

あとは油揚げでくるりと薬味を包み、一口でいただきましょう!大豆と野菜だけで、満足感たっぷりのおかず、おつまみになると思います。

【補足】

  • 大根おろしは、おろしたあとの水気の切り方がけっこう大事です→大根おろしの基本も参考に!

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おしらせ

  • 白ごはん.com Channel
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!
  • ヤマサ醤油

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式インスタグラム
  • 白ごはん.com LINE OFFICIAL BLOG
  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook

秋レシピランキング