おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おからの煮物のレシピ/作り方

おからの煮物の写真

調理時間:30分以下

おからを美味しく炊くには、他の煮物よりも“油をたくさん使うこと”だと思います。

だまされたと思って、一度レシピ通りに油を入れてみてください!しっとりとした口当たりとなって、美味しいおからの煮物に仕上がります!
【保存の目安:冷蔵で3〜4日ほど、冷凍で1か月】

このレシピのキーワード
ごぼう
にんじん
油あげ
常備菜

印刷する

おからの煮物の材料 (2〜3人分)

  • おから … 150g
  • ごぼう … 1/3本(約50g)
  • にんじん … 1/4本
  • 油あげ … 小1枚
  • 刻みねぎ … 2〜3本分
  • サラダ油や米油などの植物油 … 大さじ1と1/2〜3
  • だし汁 … 250ml
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1と1/2

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

おからの煮物の作り方

おからの煮物の材料と調味料

おからの煮物の具材は「にんじん、ごぼう、油あげ、細ねぎ」くらいが作りやすいと思います。

にんじんは3〜4㎝長さのせん切り、ごぼうは細めのささがきにして水にさらします。油あげは細めの短冊に切り、細ねぎは小口切りにします。

※ささがきの詳しいやり方はささがきごぼうのページも参考に。

それから、調味料の使いのポイントは“油を少し多めに加えること”です。

おから150gに対して、油大さじ3がおすすめですが、最低でも大さじ1と1/2は入れてみてください。それで食感はしっとり、コクのある味わいに仕上がります!

おからの煮物のレシピ/作り方

鍋に油少々(分量外)を加えて中火で熱し、にんじんと水気を切ったごぼうを炒めます。おからなどを加える前に、火の通りにくいにんじんやごぼうに軽く炒めておきます。

1~2分炒めて透明感が出てくれば、火を止めて、おからと油あげを加えます。

続けて油(大さじ1.5~3の間)、Aの調味料(醤油、みりん、砂糖各大さじ1.5)、だし汁250mlをすべてを加えます。

ヘラで全体をしっかりと混ぜ合わせてから、中火にかけます。鍋肌から煮汁が沸いてきたら、火を少し弱めます。

火を少し弱めてから炊く時間は6〜8分が目安です。※混ぜた段階でだし汁や調味料をある程度おからが吸ってしまうので、しっかり煮汁を煮詰めるというよりは、時おりヘラで鍋底から全体を混ぜながら、弱めの火でおからに火を通しつつ、煮汁を軽く煮詰めるくらいの気持ちで煮てください

※全体を混ぜるように煮ると、鍋の側面におからがくっつきやすくなります。定期的にヘラでこそげ落とすと焦げ付くこともなく、後の掃除が楽になります。

6分後に味見をしてみて味や野菜の火通りがOKなら、最後に刻みねぎを加えてひと混ぜして出来上がりです。

※味見してみてまだ加熱が足りないようなら、さらに1〜2分追加で炊いてください。

【補足】

  • 冷蔵庫で3〜4日ほど日持ちします。冷凍保存も可能で、その場合は1か月ほど保存可能です。日持ちさせたい場合は鮮度のよいおからを使いましょう!
  • 油はサラダ油でも菜種油、米油など何でもよいので、クセのない好みの油を使ってください。
  • 細ねぎの代わりに三つ葉もおすすめです。三つ葉なら1㎝幅ほどに切って、細ねぎと同じタイミングで加えてください。
  • おからが美味しいと評判の居酒屋で食べたおからの煮物は「マヨネーズ入り?」というくらい、油のコクがたっぷりでした。マヨネーズだと少しくどくなりがちなので、植物油を使用しました。
  • 器情報:樋山真弓さんの器

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
ごぼう
にんじん
油あげ
常備菜

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング