おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

春雨ともやしの煮物(煮込み)のレシピ/作り方

春雨ともやしの煮物の写真

調理時間:20分以下

ごはんが進む春雨の煮物を、もやしたっぷり、生姜やねぎの風味と豚ひき肉のうま味を加え、だし系調味料なしでやさしい味わいに仕上げます。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
春雨
もやし
あんかけ

印刷する

春雨ともやしの煮物(煮込み)の材料(2〜3人分)

  • 春雨(乾物) … 30g(※)
  • もやし … 1袋
  • 豚ひき肉 … 100g
  • 椎茸 … 2〜3枚
  • 絹さや … 5〜6枚
  • 生姜 … 1かけ(約10g)
  • 長ねぎ … 1/2本分
  • サラダ油 … 大さじ1
  • ごま油(仕上げ用) … 大さじ1
  • 醤油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1
  • 酒 … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1
  • 塩 … 1〜2つまみ
  • 片栗粉 … 小さじ4
  • 水 … 大さじ1と1/2

※「春雨」でも「緑豆春雨」でも好みのものを使ってください。緑豆春雨のほうが煮崩れしにくい特徴があります。

スポンサーリンク

春雨ともやしの煮物(煮込み)の作り方

春雨ともやしの煮物の下処理

この春雨ともやしの煮物は、だし汁や粉末調味料などを使わずに作るレシピにしています。なので、生姜やねぎ、仕上げのごま油など、風味づけの食材が少し多めなのが特徴です。

まず、春雨は袋の表示に従って湯で戻すなどしてざる上げしておきます。

下ごしらえとして、生姜とねぎはみじん切りにして、椎茸は軸を切り落として6〜7㎜幅に、絹さやはヘタと筋を除いて2〜3等分に切っておきます。

春雨ともやしの煮物のレシピ/作り方

大きめのフライパンに、サラダ油と生姜、ねぎを入れて中火で熱し、香りが立ってきたら豚ひき肉を入れます。

肉をほぐしながら炒め、肉に火が通れば塩、こしょう各少々(分量外)で豚肉に下味をつけておきます

続けて、もやしと椎茸を加えて混ぜ合わせます。軽く炒めたら水300mlを加えます。

火加減はそのままで、煮汁が沸くまでフライパンを火にかけます。

しっかり沸いたら火を少し弱め、具を少し寄せてから空いたところに戻した春雨を加えます。

続けてAの調味料をすべて入れて、全体を混ぜ合わせます。ぐつぐつと煮立つ火加減で3分ほど煮込みます

とろみをつける前に、絹さやを入れて1分ほど最後に煮込みます。この時に仕上げ用のごま油も全体にまわしかけておきます

※はじめの炒め油にごま油を使うよりも、最後に加えたほうが食べるときにも香りが残りやすいです。

小さめのボウルなどにBの片栗粉と水を合わせておき、とろみ付けをする前に再度しっかり底から混ぜます。

煮汁が少ないので、一気に水溶き片栗粉を入れるのではなく、フライパンの中のあちこちに少しずつ加え、加えるときにそこをヘラで混ぜながら行うとよいです。

水溶き片栗粉をすべて加えたら、フライパンを何度か振るなどして全体を混ぜ合わせ、1分くらいぐつぐつと煮込んで完成です。

仕上げに粗びき黒こしょうをふっても美味しいです。

【補足】

  • 材料部分にも書きましたが、「春雨」でも「緑豆春雨」でも好みのものを使ってください(緑豆春雨のほうが煮崩れしにくい特徴があります)。春雨は商品によって「湯戻し」や「数分ゆでる」下ごしらえがあるので、適宜その方法で。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ