おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

手羽先とねぎの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方

手羽先の煮物の写真

調理時間:30分以下

手羽にたっぷりのねぎ、生姜、少しのにんにくをきかせて、甘辛い煮物にします。

香辛野菜をしっかりきかせる以外のポイントは「手羽先を食べやすく切ること」です。ぜひお試しください。
【保存の目安:冷蔵で3日ほど、冷凍で1か月】

このレシピのキーワード
鶏肉
ねぎ

印刷する

手羽先とねぎの煮物(甘辛煮)の材料(2〜3人分)

  • 手羽先(※) … 10本(500g)
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1本
  • 生姜 … 2かけ分(約20g)
  • にんにく … 1/2かけ
  • 粗びき黒こしょう … 少々
  • 炒め油 … 少し多め(小さじ3〜4目安)

※このレシピでは手羽先を購入して、先端と手羽中に切り分けて作ります。なので手羽中を10本分購入でもOKです。詳しくは下記補足を参照ください。

  • しょうゆ … 大さじ2
  • 酒 … 50ml
  • みりん … 50ml
  • 水 … 50ml

※甘めが好みならAに砂糖小さじ1ほどをプラスしてもOKです。

スポンサーリンク

手羽先とねぎの煮物(甘辛煮)の作り方

手羽先の切り方/下ごしらえ

手羽先に長ねぎ、生姜、にんにくを合わせます。長ねぎは青い部分も一緒に2㎝幅ほどの斜め切り、生姜は皮をむいて薄切り、にんにくは包丁で軽くつぶしておきます。

手羽先はそのまま煮てもいいのですが、切ってから煮ることで、食べやすさと味のしみ込みが格段によくなります

まず、関節部分に包丁を入れて先端を切り落とします。次に手羽の2本の骨の間に包丁を入れて、2つに切り分けます。すべて切り終えたら、全体にうっすら塩をふって下味をつけます。

※骨の状態によっては切り分けにくいこともあるので、2本の骨の隙間がわかりやすい側からまず半分まで切り込みを入れ、それから残り半分を切るようにするとやりやすいです。

※先端は今回は使いませんが、だし取りなどに使うとよいです。ひとまず冷凍庫に入れておき、たまってからだし取りしても。

手羽先の煮物のレシピ/作り方

フライパンに少し多めのサラダ油を入れて、生姜とにんにくを加え、中火にかけます。香りが立ってきたらねぎを加え、こんがり焼き色をつけてから一度取り出します。

風味の移った油で、手羽を焼いていきます(火加減は中火のままでOK)。皮が下になるように広げ入れ、焼き色がついたら転がしながら全体を焼きます。

焼けていない最後の面を裏返して焼き始めたら、取り出しておいた香辛野菜を戻し入れます。

そこにAの調味料を全量加え、中火のままぐつぐつと煮ていきます。

しっかり煮汁が沸いた状態で7〜8分ほど煮ます(最後のほうは時おりフライパンをふりながら)。次第に煮汁が煮詰まってとろみがつくので、手羽にしっかりからむようになればOKです。

器に取り出し、粗びき黒こしょうをふって完成です。冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。冷凍保存も可能です。

【補足】

  • 好みで炒めるときに種を除いた唐辛子を加え、ピリ辛に仕上げても美味しいです。
  • 醤油は濃口がおすすめです。再仕込み醤油などの色の濃いものを使うと、仕上がりの色合いに深みが出てくれます。
  • 手羽先は「先端部分に手羽中がくっついた状態」で売られていますので、今回は手羽先を購入してから先端と手羽中に切り分け、最終的には手羽中を煮物に使っています。手羽中だけよりも‟手羽中付きの手羽先”のほうが、スーパーでの取扱いも多いので「手羽先の煮物」として、このレシピを紹介しています。
  • 器情報:小澤基晴さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ