おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほっこり簡単!山芋の落とし汁のレシピ/作り方

山芋の落とし汁の写真

調理時間:10分以下

すりおろした山芋に何も加えず、だし汁の中に落として団子状にしたものを具としていただきます。

シンプルだけど、ほっこり美味しい汁物です。もちろん、好みでみそ汁に変えてもOKです!

このレシピのキーワード
山芋

印刷する

山芋の落とし汁の材料(3人分前後)

  • 山芋 … 150~200gほど
  • だし汁 … 500ml
  • 青のり … 少々
  • 醤油(あれば薄口) … 小さじ1
  • 自然塩 … 小さじ2/3(※)

※さらさらの精製塩であれば、小さじ1/2くらいでOKです。

スポンサーリンク

山芋の落とし汁の作り方

山芋の落とし汁の材料/準備

落とし汁に使う芋は、水っぽい長芋ではなく、大和芋、つくね芋、いちょう芋、自然薯など、粘りの強い山芋がおすすめです。

だし汁は、かつおと昆布のだし水出し煮干しだし熱湯をそそぐだけの時短だしなど、用意しやすい材料で取っておきます。

まず、山芋はよごれをさっと洗い流し、皮をむきます(このとき手で持つ部分を残して皮をむくと、すりおろす作業がやりやすくなります)。

それから、おろし金の細かい方で円を描くようにすりおろします。

山芋の落とし汁のレシピ/作り方

鍋に分量のだし汁を沸かし、沸騰直前にAの醤油と塩で味を付けます。

調味しただし汁が沸いたら弱火にして、すりおろした山芋を落としていきます。

このとき箸で小さく山芋をすくい取って、スプーンの上で丸めてから落とすとやりやすいと思います。

※落とした山芋は火が通ると膨らんで大きくなるので、箸で小さめにすくい取ってから落とすのがポイントとなります!

すべての山芋を落としたら、箸やお玉でそっと上下を返し、1~2分煮れば完成です。

お椀によそい、上から好みで青のりをちらします。

【補足】

  • 青のりの代わりに、好みで刻みねぎを合わせたり、おろし生姜をあわせたりしても美味しいです。
  • お好みで、塩と醤油の代わりに味噌を溶き入れ、味噌汁仕立てにしても!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ