おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

長芋のみそ汁のレシピ/作り方

長芋のみそ汁の写真

調理時間:10分以下

じっくり火を通した長芋は、ほっこりとした食感で、生とはまた違うおいしさ。

そんな長芋は普段のみそ汁の具にぴったりなので、ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
長芋

印刷する

長芋のみそ汁の材料(3人分前後)

  • 長芋 … 150g
  • 油揚げ… 1/2枚
  • 薬味ねぎ … 2〜3本
  • 一味唐辛子 … 好みで少々
  • だし汁 … 500ml
  • 味噌 … 大さじ2と1/2ほど

※だし汁については「だし汁の取り方」のページも参考に。

スポンサーリンク

長芋のみそ汁の作り方

長芋のみそ汁の下ごしらえ

今回は長芋をみそ汁のメインの具にして、あとはシンプルに油揚げとたっぷりの刻みねぎを合わせます。

※だしに関しては煮干だしでも、かつおだしでも、お好みのだしを用意してください。

まず、長芋は皮をむいて縦半分に切り、端から1㎝幅の半月切りにします。油揚げは食べやすい大きさの短冊切りにして、薬味ねぎは小口切りにします。

長芋のみそ汁のレシピ/作り方

鍋にだしと長芋を入れて中火にかけます(量も多くないので、特に切った長芋をさらしたりしておく必要はないです)。

沸いたら火を弱め、じっくり3〜4分ほどかけて長芋に火を通します。

長芋に火が通れば、油揚げを入れてさっと温め、味噌を溶き入れます。*味を見ながら味噌大さじ2と1/2を目安に調整してみてください。

沸騰直前まで再度温めてねぎを入れ、椀にそそいでから好みで一味唐辛子をふりかけて完成です。

【補足】

  • 長芋はじゃが芋などと同じように、どんな具材とも相性がよいので、わかめや他の根菜などともぜひ組み合わせてみてください。
  • 個人的にはみそ汁をひとつのおかずのように、ごはんに合うものに仕上げたいので、味が濃いめのほうが好きです。家庭で使っているみその濃さや、みそ汁を「おかずっぽく濃く仕上げるか」「さらりとした汁物とするか」などの好みで、 みその分量を調整してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ