おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ぶりの照り焼きのレシピ/作り方

ぶりの照り焼きの写真

調理時間:20分以下※下漬けの時間を除きます

冬が旬の魚のおかずといえば、この「ぶりの照り焼き」。フライパンの中でたれをしっかりと煮詰めるのが美味しく仕上げるポイントとなります。

せっかくなので冬野菜も一緒に照り焼きにして、よりご飯が進むレシピにしてみました(野菜なしの調味料の割合は下の補足にまとめています)。

このレシピのキーワード
ぶり
照り焼き
お弁当

印刷する

ぶりの照り焼きの材料(2人分)

  • ぶりの切り身 … 2切(1切100gほど)
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1本
  • サラダ油 … 少々
  • しょうゆ … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2

スポンサーリンク

ぶりの照り焼きの作り方

ぶりの照り焼きの下ごしらえ

白ごはん.comのぶりの照り焼きは『下漬けアリ』『小麦粉ナシ』『フライパンで作る』レシピです。

まずはじめにAの調味料を容器に合わせ、調味料を溶かし混ぜます。バットにぶりの切り身を並べてAを加えます。 ぶりの切り身を漬け込む時間は30分ほど。途中2〜3回上下を返して、味を均一にしみ込ませます。

※下漬けをすることで、ほんのりぶりの身にもたれの味がしみ込んでくれます。

ぶりの照り焼きは、ねぎやしし唐、れんこんなどの野菜を一緒に照り焼きするのがおすすめです。
※長ねぎ(白ねぎ)の場合は、4〜5㎝幅に切り分け、味のしみ込みをよくしつつ、食べやすくもする目的で、包丁で片側に浅く6〜7本ほど切り込みを入れるとよいです。

ぶりの照り焼きのレシピ/作り方

30分漬け込んだ切り身は、取り出して表面のたれをキッチンペーパーで軽くふき取ります(そのままだと焦げ付きやすくなるため)。※下漬けに使ったたれは、最後に味付けに使うので捨てずにそのまま残しておいてください!

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、ぶりを入れ、空いた場所にねぎを広げ入れます。ぶりの片面に焼き色がつけば裏返します。

ぶりの反対側を焼き、ねぎも転がして全体を焼きます。ぶりから脂が多く出るようなら、たれを加える前のこの段階で、キッチンペーパーでふき取ってあげるとよいです。

ぶりの照り焼きのレシピ/仕上げ

ぶりの両面に焼き色がついて7〜8割ほど火が通れば、下漬けで使ったたれを全量加えます。火加減はそのままで、ここからしっかりたれを煮詰め、ぶりとねぎの表面に絡ませてあげることが大切です。

たれを入れてから2分ほどで、ねぎがくたっとして味もしみ込んでいるので、ねぎだけ先に取り出します。ねぎを取り出したら火加減を少し弱めます。

ここからさらにたれを煮詰め、「ぶりの表面にとどまるくらいのとろみ」がたれにつくまで煮詰めます。最後の方はフライパンを少し傾け、スプーンを使ってたれをすくい取り、ぶりの表面にかける、ということを何度か行うとよいです。

ぶりを器に盛り付けてねぎを添え、フライパンに残ったたれを全体にかけて完成です。

【補足】

  • 上記のAの調味料の割合で、野菜を全く加えないのであれば、ちょうどぶり3切(約300g)にちょうどよいたれの分量となります。
  • ぶり2切(約200g)で、野菜を加えない場合は、「しょうゆ、酒、みりんが各大さじ1、砂糖小さじ1」のたれの割合でOKです。
  • 器情報:雪ノ浦裕一さんの器

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ