おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

桜えびとじゃが芋の炊き込みご飯のレシピ/作り方

桜えびとじゃが芋の炊き込みご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

家でストックしてあることの多い「じゃがいも」と、乾物の「さくらえび」を使って、シンプルな炊き込みごはんを作ります。

加えるのは塩だけ。二つの具材で炊き込むからこそ、塩だけで美味しいご飯となってくれます!芋のホクホク食感とさくらえびの食べ応えも相性抜群です。

このレシピのキーワード
じゃがいも
えび
お弁当
桜えび

印刷する

桜えびとじゃが芋の炊き込みごはんの材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • じゃがいも(男爵芋) … 2個
  • さくらえび … ふたつまみほど
  • 塩(自然塩) … 小さじ1
  • ※精製塩を使うときは小さじ1より気持ち少なめにするとよいです。

スポンサーリンク

桜えびとじゃが芋の炊き込みごはんの作り方

桜えびとじゃが芋ごはんの下ごしらえ

この炊き込みごはんのポイントは『二つの具材を一緒にはじめから炊き込むこと』。じゃがいもだけ、さくらえびだけの単品で炊き込みごはんにするのとはまったく違う豊かな味わいになってくれます!

じゃがいもはほくほく食感の男爵芋がおすすめで、皮をむいて1㎝幅の半月切り(大きければいちょう切り)にして水にさっとさらし、ざる上げします。さくらえびは乾物のままそのまま炊き込みます。

桜えびとじゃが芋の炊き込みごはんの炊き方

炊飯の前に、白ごはんを炊く要領で米を研ぎます。炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。ポイントは『塩を加えたら、やさしく混ぜてしっかり溶かすこと』『具材をはじめから入れて炊き始めること』です!

炊飯器なら … 研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。30分~1時間ほどそのまま浸水させたあとに、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。最後にじゃがいもとさくらえびを上に広げて炊飯します。

鍋炊きなら … 研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400~450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、具材を上に広げてから鍋炊きします → 鍋炊きの詳細ページも参考に。

ごはんが炊き上がれば、全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。じゃが芋をしゃもじで軽くつぶして食べやすくしても美味しいです。

【補足】

  • 3合を炊く場合は、具材を適宜増やし、加える自然塩を小さじ1と1/2にして炊いてください。
  • じゃがいものやさしい風味と甘みがご飯になじんでくれるので、「さくらえびだけは風味が強くて少し苦手」という方も美味しく食べれるご飯だと思います!
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。
  • 桜えびを購入して余った場合、常温におかずに冷凍保存すると風味や色合いを長く保つことができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ