おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

アスパラごはん(炊き込みご飯)のレシピ/作り方

アスパラごはんの写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

アスパラを手に取ると「シンプルに調理してアスパラらしい味わいを楽しみたい!」といつも思うのですが、ご飯+アスパラだけだと少し青くささが気になっていました。

そのすべてを解決したのが『黒コショウ粒をご飯に炊き込む』ということ。詳しくレシピで紹介します!

このレシピのキーワード
アスパラ

印刷する

アスパラごはんの材料(2合分)

  • 米 … 2合
  • アスパラガス … 4〜5本
  • 黒コショウ(粒) … 6〜7粒
  • 塩(自然塩) … 小さじ1
  • サラダ油 … 小さじ1
  • ※精製塩を使うときは小さじ1より気持ち少なめにするとよいです。

スポンサーリンク

アスパラごはんの作り方

アスパラごはんの流れ

アスパラごはんの流れは『塩と黒コショウ粒を入れたご飯を炊く』→『アスパラは小さく切って油で炒め、炊きあがったものに混ぜる』というもの。

アスパラは白ごはんと食べると少し青くささが目立つのですが、黒コショウ粒を入れて炊いた白ごはんだとそれが気になりません。コショウの風味がほのかに移って、青くささを消しつつもコショウの辛みはなく、食べやすさだけが倍増します。

また、アスパラは食感や色合いも楽しみたいので、炊き込むのではなく炒めてから最後に混ぜ込むとよいです。

黒こしょう粒の入ったご飯の炊き方

はじめにご飯を炊飯器にセットします。研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えて30分ほどそのまま浸水させます。

それから分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かし、最後に黒コショウ粒を上にそっとのせます。炊き上がったら粒を除くので、最後にのせるとよいです

アスパラごはんのレシピ/作り方

アスパラは根元の硬い部分を切り落とします。1本ずつ根元側から5㎜間隔くらいで包丁で切り込みを入れていき、包丁がすっと入るところになれば切り落とします(アスパラの径の半分以上にすっと入るところで切るとよいです)。

それから1㎝弱幅に切ります(穂先だけはバラバラになるのでそのまま残します)。さっと水に入れてアスパラを手ですくい、水に浮いた細かいガクを捨てます。

アスパラに火を通すのはギリギリでよいので、ご飯が炊けたら黒コショウ粒を箸で除きます。それからフライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、アスパラを炒めはじめます。

アスパラを炒めるのは1分〜1分半ほど。火が通れば塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)をふりかけて下味をつけ、炊けたご飯の上に移します。

あとはさっくりとご飯を混ぜ、茶碗によそって完成です。アスパラは余熱でも火が通りやすいので、混ぜたてを食べるのがいちばん美味しいと思います!

【補足】

  • 3合を炊く場合は、アスパラを適宜増やし、加える自然塩を小さじ1と1/2にして炊いてください。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいように塩気が強めです。わが家はその塩気のご飯で普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら、適宜塩を減らして作ってみてください。
  • 鍋炊きするときは、研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400〜450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、黒こしょう粒を上にのせて炊きます→鍋炊きの詳細ページも参考に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ