おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

枝豆ごはんのレシピ/作り方

枝豆ごはんの写真

調理時間:10分以下※浸水や炊く時間を除く

枝豆は春の豆ごはんと同じ豆類なのに、さほど炊き込みご飯の具として用いられません。それは本当にもったいない!

枝豆ごはんは夏に一番おすすめできる炊き込みご飯だと思っています。ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
枝豆
夏野菜
お弁当
ヴィーガン

印刷する

枝豆ごはんの材料 (2合分)

  • 米 … 2合
  • 枝豆(さや付き) … 150gほど
  • 塩 … 小さじ1~1と1/3
  • ※さらさらした精製塩などの細かい塩なら小さじ1、粗い塩なら小さじ1と1/3が目安。

スポンサーリンク

枝豆ごはんの作り方

枝豆ごはんの下ごしらえ

はじめに2合の米は、炊飯器の内釜などに入れて研ぎます。研いだら水を何度か入れ替えて水気を切り、2合の目盛りに合わせて水を入れ、30分から1時間そのまま置いて浸水させます

※浸水させる時間がなく、浸水なしでそのまま炊くなら『炊き込みごはんコース』で。ここではどんな炊飯器でも美味しくふっくら炊けるよう事前に浸水する工程をとっています(浸水したら『普通コース』で炊きます)。

続いて、枝豆はそのままでは実が取り出しにくいので、お皿などの耐熱容器にさや付きの枝豆を入れ、600Wで1分~1分半ほど加熱します。そうすれば軽く火が通ってさやから枝豆を取り出しやすくなります(粗熱が取れてから取り出せばOK)。

※ゆでた枝豆を後から混ぜ込むレシピも多いですがさやから出した枝豆を、はじめから一緒に炊き込むのが美味しいと思うので、そのような手順にしています(そうすることで炊きあがったごはんと枝豆がよくなじんでくれます)。

枝豆ごはんの炊き方

米が浸水できてから、塩小さじ1~1と1/3ほどを加えてやさしく混ぜ溶かします。※浸水は、米が水を吸って下のように米が真っ白になればOK。

※分量の塩を入れると塩気がしっかりきいた炊き込みご飯となります。減塩する場合は塩を半量から2/3量にするなど、好みで減らしてください。

塩を溶かし終えてから、最後に枝豆を上に広げて炊飯します。※浸水しているので普通コースの炊飯でOKです

ごはんが炊き上がれば、全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

※好みで、炊きあがりに酒大さじ1/2ほどを全体に振りかけて少し蒸らしてから食べても、酒のコクと風味がプラスされます。

おすすめ枝豆料理 ※写真からもページへ移動可※

「枝豆の塩茹で」…定番のなんてことない1品ですが、塩加減がポイントです!

「枝豆とひじきの梅ごはん」…枝豆ごはんをバージョンアップした美味しさかも!

【補足】

  • 3合を炊く場合は、枝豆(さや付き)を200g、加える塩を小さじ2ほどに増やしてください。
  • 冷凍の枝豆だとは風味が落ちるので、ぜひさや付きの枝豆を購入して作ってみてください。分量は2合でさや付き150gとしていますが、多少の誤差はまったく気にならないレシピです。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。
  • 参考までに鍋炊きなら … 研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400〜450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、枝豆を上に広げてから鍋炊きします → 鍋炊きの詳細ページも参考に。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
枝豆
夏野菜
お弁当
ヴィーガン

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏野菜レシピランキング