おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

銀杏ご飯(炊き込みご飯)のレシピ/作り方

銀杏ご飯の写真

調理時間:20分以下※浸水や炊く時間を除く

秋めいてくると食べたくなるのが銀杏ですよね。殻をむくのが面倒に感じつつも、それでも食べよっかなとスーパーで買ってしまします。

そんな銀杏をめいっぱい味わえる「銀杏ごはん」。塩加減も非常にシンプルなので、ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
ぎんなん
秋の味覚

印刷する

銀杏ご飯(炊き込みご飯)の材料(2合分)

  • 米…2合
  • 銀杏…20~30個(好みの分量で)
  • 塩(自然塩)…小さじ1と1/3
  • 酒…大さじ1/2(好みで)
  • ※さらだらの精製塩などを使うときは小さじ1ほどにするとよいです。

スポンサーリンク

銀杏ご飯(炊き込みご飯)の作り方

殻付きの銀杏のむき方

銀杏の殻の割り方、薄皮のむき方は「銀杏の下処理」のページにまとめていますので、ここでは簡単に説明したいと思います。

まず、タオルの上に銀杏を手で持ち、とがった部分を上にしてトンカチで軽くたたいて割れ目を入れます。ここから手で殻をむき取り、薄皮だけの状態にした銀杏は水に30分から1時間ほど浸けておきます。

水に浸けておいたら薄皮が柔らかくなるので、亀裂がはいった薄皮の部分から、指の腹の部分をこすり当てるようにして皮をむいていきます。

銀杏ごはんの炊き方

薄皮をむいた銀杏は食べやすく、かつ食べ応えのあるように4~5㎜の厚さに切ります。米は白ごはんを炊く要領で研ぎ、炊飯器でも鍋炊きでもお好みで炊いてください。

ポイントは『塩を加えたら、やさしく混ぜてしっかり溶かすこと』『銀杏をはじめから入れて炊き始めること』です!

炊飯器なら、研いだ米を炊飯器の内釜に移し、2合の目盛まで水を加えます。30分~1時間ほどそのまま浸水させたあとに、分量の塩を加えて軽く混ぜて溶かします。最後に銀杏を上に広げて炊飯します。

銀杏ごはんが炊き上がれば、酒大さじ1/2ほどを全体にひと振りして蒸らしても、酒のコクと風味がプラスされて味に深みが出ます(これはお好みで)。全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。

※炊飯器の炊き込みご飯コースで炊くなら浸水を省いてもOKですが、時間があれば浸水してから普通コースで炊くのがおすすめです。

【補足】

  • 3合を炊く場合は、加える自然塩を小さじ2に増やしてください(銀杏の量はお好みで)。
  • 銀杏ごはんは、銀杏そのものの風味をストレートに楽しみたいので、昆布やかつおなどの出汁は入れないレシピにしています。
  • ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。
  • 参考までに鍋炊きなら … 研いだ米を浸水させ、ざる上げしてから鍋に移します。水(400~450ml)と塩を加えて混ぜ溶かし、落花生を上に広げてから鍋炊きします → 鍋炊きの詳細ページも参考に。

さつまいもを同じように塩味で炊いても!

さつまいもなら、皮ごと角切りにして、同じように塩味で炊き込むだけ。より簡単です!ぜひお試しください。「さつまいもの炊き込みごはんのレシピ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ