おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

モロヘイヤの茹で方/食べ方

モロヘイヤのゆで方の写真

調理時間:10分以下

モロヘイヤは味噌汁などのスープの具に、そのままゆでてシンプルに食べたり、と独特のぬめりや味わいが和食にもぴったりな野菜だとと思います。

近年人気の野菜とはいえ、その詳しいゆで方/食べ方を紹介しているページが少ないので、写真つきで紹介しようと思います。

このレシピのキーワード
モロヘイヤ
夏野菜

印刷する

モロヘイヤをゆでるときの材料(1~2束分)

  • モロヘイヤ … 1~2束
  • 塩 … ティースプーン山盛り1杯ほど

スポンサーリンク

モロヘイヤのゆで方/食べ方

モロヘイヤの茎と家庭菜園での毒性について

モロヘイヤは基本的にはゆでて食べることが多い野菜。下ごしらえする上でモロヘイヤはどこまで食べられるか?はぜひ知っておいてもらいたいです。

【 モロヘイヤはどこまで食べられるか? 】
・一般的なモロヘイヤの下処理は『葉っぱをちぎって使いましょう』という程度で、茎については触れられていないことが多いです。 しかし、葉っぱだけではなく、茎も美味しいので、捨てずに食べるのがおすすめ!(下の※も読んでください)

※必ず読んでください!!※
食品安全委員会のコメントでは、野菜として売られているモロヘイヤは、葉、茎、根などに毒性がない状態なので、モロヘイヤの種や若葉などに含まれる毒性の影響はないとされ、茎は安心して食べることができます。
↑我が家では買ってきたモロヘイヤの茎をいつも食べていますし、モロヘイヤの冷凍食品でも茎は含まれています。

ただ、家庭菜園で作られる場合のみ、若葉には毒性が含まれているので、喫食可能かどうかの判断が難しいため、茎を食べるのはやめておいてください。あくまでスーパーで売っている“モロヘイヤ”では茎を食べましょうという内容とご理解ください。
→All Aboutの専門家も「流通しているモロヘイヤの茎は安心して食べられる」という内容の記事を書いています。参考とさせていただいた食品安全委員会のコメントのリンクとともに、下の補足部分にアドレスを掲載させていただきます。

モロヘイヤの下処理/下ごしらえ

ここからはスーパーで購入したモロヘイヤの茎も食べる下処理の紹介です。

まず、モロヘイヤをさっと洗ってから、茎についた葉っぱをちぎり、穂先の葉っぱは付け根からちぎります。この段階で、茎だけ、葉っぱだけ、の状態に分けておきます(ゆでるときのゆで時間が異なるため)。

次に『食べられる茎』の部分を切り分けます。基本的には『茎の穂先側の半分くらい』はやわらかく、ゆでて美味しく食べられる部分なので、穂先側を半分ほどを食べやすい長さに切ります。

残りの茎は筋が硬いので捨ててください。特に下1/4くらいが筋っぽいです。

※茎の筋が硬い部分は包丁で切ろうとしても、包丁への抵抗が強く切りづらくなっています。茎の真ん中を切るときに少し注意して切ってみてください。ストンと抵抗なく切ることができれば、そこから穂先側は美味しく食べることができます!

モロヘイヤの茹で方/ゆで時間

鍋にお湯を沸かして、ティースプーン山盛り1杯ほどの塩を加えます。なめてしっかり塩気を感じるくらいに塩を入れたお湯でモロヘイヤをゆでます。 ゆで時間は、1分が目安で、茎だけ先に入れ、残り時間が20秒になってから葉っぱを加えるという時間差をつけたゆで方になります。

茎を入れて、40秒たったら葉っぱを加え、箸で軽く沈ませます。残り20秒ほどゆでたら、ざるに上げて冷水にとって熱をとります。

簡単なモロヘイヤ料理やモロヘイヤレシピ

モロヘイヤはゆでてそのまま食べても十分に味が濃く、おいしい野菜なので、鰹節と醤油をかけたり、おひたしにしたりと、他の青菜と同じような調理法でOKです。

ゆでたものをさっとみそ汁などの具に使ってもよいですし、さらに刻んで納豆と食べたり、しらすと合わせたりしても美味しいです。

※調理時にひとつ注意点は、ゆでた後に必ずしっかりと両手で水気をぎゅっとしぼること。そうすると料理が水っぽくなりません!

【補足】

  • 食品安全モニターからの報告(食品安全委員会) ※リンク先PDFの16ページにモロヘイヤに関して記載されています。
  • 上のレシピ部分にも記載しましたが、モロヘイヤは種や若葉に毒性があるので、家庭菜園で作る場合には注意が必要です。→モロヘイヤの詳しい毒性に関する情報は、All Aboutの記事も見てみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ