白ごはん.com

マイページ
ログイン

検索

人気のキーワード

短冊切りのやり方(野菜の切り方の基本)

短冊切りの写真

調理時間:10分

レシピ動画へ

短冊の形に似ていることから“短冊切り”と呼ばれます。薄めに切るものなので、大根やにんじんといった火を通しても煮崩れにくい野菜で行うことが多いです。

長さ4〜5㎝、幅1㎝くらいが食べやすく一般的な大きさ。切る順番にコツがあるので、ぜひチェックしてみてください。

おかわりINFO

NEW
|新着レシピ|彩り鮮やか、夏野菜たっぷりのラタトゥイユをアップ!日持ちもするし、冷たくしても美味しいので、これからの時期にぴったりです。

短冊切りの材料

  • にんじんや大根 … 適量

コツや流れを動画でチェック!!

大根やにんじんの短冊切りの切り方

はじめに、長さを4~5㎝に切る

野菜の皮をむいて、はじめに短冊切りにする長さを決めます。食べやすい4~5㎝長さくらいで、均等な長さに切るようにします。

次に、短冊の横幅を決める

長さを決めたあとは、短冊切りの横幅を決めます。1~1.5㎝くらいが箸でつかみやすいと思います。

切ったものは、繊維にそって薄く切っていくので、まな板の上に並べておきましょう

最後に、好みの厚みの短冊切りに切る

すでに長さと横幅は決まっているので、好みの幅(厚み)で端から野菜を切ります

汁ものや、さっと火を通したい時の炒め物用なら1~2㎜幅ほどがいいですし、ボリュームを出したい料理の時は4~5㎜幅ほどに切るのもおすすめです。

【補足】

  • ちょっとしたことですが、短冊切りやせん切りも繊維にそって切ることで、料理の仕上がり時に食感が適度に残る仕上がりになります。
  • レシピ更新情報;スマートフォン用に写真を大きく変更、工程写真もすべて撮り直し、文章もリライトしました(202008)

洋食レシピランキング

人気のキーワード

材料を
閉じる

短冊切りの材料

  • にんじんや大根 … 適量

メモを
閉じる

メモを保存すると自動的に
お気に入りに登録されます。

お気に入りを登録しました!

メモを保存しました!