白ごはん.com

新着レシピ

メニュー

新着レシピ

長芋とろろご飯のレシピ/作り方

長芋とろろご飯の写真

調理時間:20分以下

白ごはん.comでは自然薯や山芋を使ったとろろご飯のレシピもありますが、今回はより手軽に長芋を使って作ります。

長芋を使うからこその味付けのポイントもあるので、ぜひ参考にして作ってみてください。

スポンサーリンク

長芋とろろご飯の材料 (4人分)

  • 長芋 … 400g
  • 卵 … 1個
  • 青のりや切り海苔 … 好みで少々
  • だし汁 … 50ml
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 塩 … 2~3つまみほど
このレシピのキーワード
長芋

スポンサーリンク

長芋とろろご飯の作り方

長芋とろろの長芋の下処理

長芋は自然薯などに比べると水分も多めなので、自然薯とろろご飯レシピに比べると【だし汁は少なめ、卵は多め】で作るのがおすすめです。

※だし汁は、かつおと昆布のだし熱湯をそそぐだけの時短だしなどありますが、加える量が少ないので濃いめで用意するとよいです。

はじめに、長芋はさっと洗って皮をピーラーでむき取ります(長い場合は持ち手部分の皮を残しておき、すりおろす途中で残りの皮をむいてもOK)。

皮をむいた後に変色したり、黒い部分があれば、包丁で除くとよいです。

長芋とろろご飯の味付け/レシピ

※すり鉢がない場合は、【卵をよく溶いた後に、すりおろした長芋&調味料を合わせるだけ】なのですが、すりおろした長芋をすり鉢&すりこ木ですることで、なめらかさがアップして美味しくなるので、ここではそのやり方を紹介します※

はじめに、すり鉢に卵を割り入れ、そこに1/5~1/6量くらいの長芋をすりおろします。

すりこ木を使ってよくすり合わせ、卵白のかたまりがなくなるまで、しっかりすります(後の写真を参考に)。

そこに残りの長芋をすべてすりおろして加え、なめらかさをアップさせるために、すりこ木を使って2分ほどよくすり合わせます

とろろの味付けのAのだし汁50ml、醬油大さじ1と1/2、みりん大さじ1、塩2~3つまみを加えます。

よく全体を混ぜ合わせ、味をみてから塩気が足りなければ塩をさらにひとつまみ加えるなどして、調整してください。

※醤油はあれば薄口醤油を使うととろろの色合いがきれいに仕上がります。また、みりんは大さじ1なのでそのまま合わせてもさほどアルコール分が気になることはないですが、耐熱容器に入れてレンジで600Wで50秒ほど加熱して煮切ってから使うとより風味が引き立ちます。

あとは温かいご飯にかける際に、好みで青のりや切り海苔などを合わせてください。

【補足】

  • 上の説明とも重なりますが、おろし金ですりおろしただけだとシャリシャリとした大きなものも残っている状態ですが、それをすりこ木ですることでなめらかさがアップします
このレシピのキーワード
長芋
このレシピのカテゴリー
丼ぶりや混ぜごはん

スポンサーリンク

初夏レシピランキング

スポンサーリンク

人気のキーワード

白ごはん.com監修 だしブレンド

材料を
閉じる

長芋とろろご飯の材料 (4人分)

  • 長芋 … 400g
  • 卵 … 1個
  • 青のりや切り海苔 … 好みで少々
  • だし汁 … 50ml
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 塩 … 2~3つまみほど

ページの先頭へ