白ごはん.com

マイページ
ログイン

検索

人気のキーワード

大豆の煮物のレシピ/作り方

大豆の煮物の写真

調理時間:60分超過

五目豆も彩りもよく美味しいのですが、シンプルな大豆の煮豆もぜひ作ってみてほしい常備菜レシピです。

冷凍保存もできるので、1袋丸ごとでやってみてください。
【保存の目安:冷蔵で5日ほど、冷凍で1か月】

大豆の煮物の材料 (作りやすい分量)

  • 大豆(乾燥) … 200g
  • 昆布 … 10㎝四方ほど1枚
  • 砂糖 … 大さじ7(約70g)
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2
このレシピのキーワード
豆料理(乾物)
大豆
昆布
常備菜
ヴィーガン

大豆の煮物の作り方

大豆の戻し方

大豆は一晩たっぷりの水にひたして戻します(夏場は冷蔵庫に入れておきます)。 まんまるだった小粒の大豆が、ふっくらとした楕円形の豆の形になってから炊き始めます。

※冷蔵庫の温度が低いと一晩つけ置いても、ふっくら戻っていないことがあります。その場合は室温に戻して、ふっくら戻るまで待ってから炊くようにしてください。

大豆の煮物の煮はじめ

戻した大豆の鍋に昆布を入れ、戻し汁ごと煮ていきます(大豆がしっかり水に浸かった写真くらいの水加減で。水が足りなければ水を足してから火にかけてください)。

沸騰してきたらアクをすくい取ります。ある程度アクが取れたら火を弱め、1~1時間半ほどを目安に「大豆が完全に柔らかくなるまで」煮ます

(途中煮汁が少なくなってきたら適宜差し水をしながら)最終的に、指で簡単に大豆がつぶせるくらいまでゆで、火を止めます。

※昆布は煮込んでいくと煮崩れるので取り出すレシピも多いですが、煮豆は豆の風味が強いので昆布をそのまま炊き込んで、一緒に食べるのも美味しいので、そのような作り方にしています。

大豆の煮物のレシピ/味付け

大豆に火が通れば調味料を入れるのですが、その前に鍋の煮汁の分量を確認し、ひたひたより煮汁が多ければ煮汁を適宜捨てて減らします

煮汁の量を調整したら、砂糖大さじ7(70g)を加え、弱火で5分ほど煮ます。

次に醤油大さじ2を加えます。さらに10分ほど弱火で煮ます。

この頃には昆布も部分的に(ものによってはすべて)煮崩れて溶け、細かい昆布が煮汁に混じるような仕上がりになります(とろみも少し付くような気もするので、昆布が入った状態でOK!)。

火を止めて出来上がりです。煮豆は冷ましたほうが味がよくなじみますが、温かいままでももちろん美味しく食べることができます。

【補足】

  • 冷蔵庫で5日、冷凍で1か月ほど日持ちします(目安として)。
  • 昆布が溶けて混ざるのが嫌な場合は、大豆に火が入るころに昆布を取り出すとよいです。
  • 器情報:植山昌昭さんの器
  • レシピ更新情報:工程写真をすべて撮影し直しました(2023.1)

冬のおかずレシピランキング

人気のキーワード

材料を
閉じる

大豆の煮物の材料 (作りやすい分量)

  • 大豆(乾燥) … 200g
  • 昆布 … 10㎝四方ほど1枚
  • 砂糖 … 大さじ7(約70g)
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ2

メモを
閉じる

メモを保存すると自動的に
お気に入りに登録されます。

お気に入りを登録しました!

メモを保存しました!