おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

10分で完成!鮭と卵のちらし寿司風

鮭と卵のちらし寿司風の写真

調理時間:10分以下※ご飯を炊く時間は除く

材料さえ用意すればパパっと短時間で作れる、色鮮やかなちらし寿司風の混ぜご飯です。

鮭フレーク、イクラは市販のものでよく、炒り卵だけお家で作ってください。10分もあれば作れると思います!ぜひおもてなしやひな祭りなどの時に。

このレシピのキーワード
おもてなし
ひな祭り

印刷する

鮭と卵のちらし寿司風の材料 (2〜3人分)

  • 温かいごはん…1合分(約300g)
  • 炒り卵…卵3個分
  • 鮭フレーク…50gほど
  • イクラ醤油漬け…50gほど
  • 絹さや…6~7枚
  • 白いりごま…小さじ1/2

※イクラを使わないときは?などの具材アレンジは下の補足にまとめています。

スポンサーリンク

鮭と卵のちらし寿司風の作り方

鮭と卵のちらし寿司風の材料

このレシピは炒り卵の甘さに、鮭フレークとイクラの塩気のあるものを合わせた『ちらし寿司風の混ぜご飯』です。

作り始めてから10分くらいで完成するよう、寿司飯は作らず、温かいご飯に彩りのよい具材を混ぜるだけにしています。

盛り付けの最後に、彩りと食感のよい絹さやを茹でて細切りにしたものを合わせていますが、絹さや以外でもOKで、アスパラや菜の花、スナップエンドウ、グリーンピース、そら豆などでも美味しいです。

炒り卵を作る

※炒り卵は『炒り卵の作り方』を参考に作ってください。材料は卵3個、砂糖大さじ1、酒大さじ1/2、塩小さじ1/5です※

フライパンや鍋の中に、卵と調味料を入れて混ぜ合わせます(箸を左右に動かし卵液を切るように全体をしっかりと)。

手に4~5本の箸を持って、弱火を少し強くしたくらいの火加減で卵液に火を通していきます。

箸でゆるく混ぜながら加熱していくと、鍋のふちから徐々に固まってきて、ゆるい液状のスクランブルエッグのようになってきます。

卵が固まりかけてきたそのタイミングで、手に持った箸を手早く動かして、全体を混ぜながら加熱します。※このレシピには細かいよりも少し大きいくらいの炒り卵がおすすめです。

鮭と卵のちらし寿司風のレシピ

具材が用意できれば、ボウルにあたたかいご飯を入れ、炒り卵、鮭フレークを加えて混ぜ合わせます。

ある程度混ざれば白ごまを振りかけて混ぜ合わせ、器に盛り付けます(大皿でも個別のお皿でも、好みのお皿にふんわりと盛り付けてください)。

絹さやなどの青みをちらし、最後にイクラを器の中央にのせて完成です(大皿の時はイクラを数か所に分けて盛り付けても)。

【補足】

  • 普通の混ぜご飯にしては、ごはんに対して具材が多めです。このくらいのバランスで作るとご飯っぽさが弱まってお寿司感が出ると思います。
  • このレシピの具材では鮭フレークと炒り卵が必須として、後はアレンジしてみても。イクラもおすすめなので、ぜひイクラもプラスして作ってみてほしいのですが、用意できないときは「椎茸の煮物」「きゅうりの塩もみ」「ボイルした海老」など、少し塩気のあるものを代わりに加えるといいと思います(青みのアレンジについては工程①に記載しています)。
  • もちろん寿司飯を作って、上の具材を合わせてちらし寿司にしても美味しいです。
  • 手作りする場合は「鮭フレークの作り方」「寿司飯の作り方」「イクラの醤油漬けの作り方」を参考にしてみてください。
  • 「炒り卵の作り方」では、片手鍋とフライパンで作るそれぞれの特徴をまとめていますが、このちらし寿司風に混ぜるなら、多少大きめになってもよいのでフライパンで作ってみてください。後片付けが多少楽になると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
おもてなし
ひな祭り

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ