おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

キャベツのみそ汁のレシピ/作り方

キャベツのみそ汁の写真

調理時間:20分以下

キャベツに食感の違う野菜や油揚げを加えて、シンプルなみそ汁に仕上げます。

キャベツにはじっくり火を通したほうが美味しいので、火にかける前からすべての具材を鍋に入れて作れる、という手順もやりやすく、おすすめな組み合わせ。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
キャベツ
油あげ
にんじん
えのき

印刷する

キャベツのみそ汁の材料 (3人分前後)

  • キャベツ … 100g
  • にんじん … 1/5本
  • えのき茸 … 小1/2束(50g)
  • 油あげ … 小1枚
  • だし汁 … 500ml
  • みそ … 大さじ2と1/2ほど

スポンサーリンク

キャベツのみそ汁の作り方

キャベツと野菜の下ごしらえ

キャベツはさっと洗ってから芯を切り落とし、適当な大きさに切ります(今回は3~4㎝四方ほど)。

にんじんは3~4㎝長さのせん切りに、油揚げは細めの短冊切りに、えのき茸は石づきを落として長さを半分に切ります。

※だしに関しては煮干だしでも、かつおだし熱湯をそそぐだけの時短だしでも、お好みのだし汁で。

キャベツのみそ汁のレシピ/仕上げ

鍋にだし汁を入れ、火にかける前にすべての具材を加え、中火にかけます。

だし汁が沸いてきたら火を少し弱めます。3~4分かけてじっくりとキャベツとにんじんに火を通します。

※キャベツの太い茎の部分や太めのにんじんなどがあれば、それらがいちばん火が通るのが遅いので、味噌を溶き入れる前に火通りを確認するとよいです。

みそを溶き入れ、沸騰直前まで再度温めます。椀にそそぎ入れていただきましょう。*味を見ながらみそ大さじ2と1/2を目安に調整してみてください

【補足】

  • キャベツはたっぷりと使い、キャベツ以外には食感や味わいの異なる食材を合わせるとより美味しく仕上がると思います(キャベツは火を通すと甘味が出るので、同じく甘味が強く出て柔らかめの玉ねぎや長ねぎなどではなく、味わいと食感の違うものをプラス)。
  • 今回はキャベツに人参やえのき茸、油あげを合わせましたが、お麩や豆腐、厚揚げにわかめなど、みそ汁の定番の具材は何でも美味しく組み合わせることができると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
キャベツ
油あげ
にんじん
えのき

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ