おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

簡単なこんにゃく田楽のレシピ/作り方

こんにゃく田楽の写真

調理時間:20分以下

板こんにゃくにはじめに串を刺し、それから切り分け、フライパンで串付きでゆでると、比較的簡単に準備ができると思います。

そこに甘めに仕上げた味噌だれをたっぷりかければできあがり。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
こんにゃく
田楽
お酒のつまみ

印刷する

こんにゃく田楽の材料 (2~3人分)

  • こんにゃく … 1枚(250g)
  • 練りからし … 少々
  • みそ(※) … 大さじ3
  • 砂糖 … 大さじ4
  • 酒 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1

※みそは米みそや豆みそなど、おうちのみそでOKです。

スポンサーリンク

こんにゃく田楽の作り方

こんにゃく田楽の準備

板こんにゃくは切らずに先に竹串を刺し、後から食べやすい田楽に切る方法をここでは紹介します。

まず、まな板の上に板こんにゃくを置いて、竹串を8~10本ほど端から均一に刺し、続いて串と串の間に包丁を入れて切り分けます(これで約1.5㎝厚に)。

※こんにゃくを先に切り分けてから、串を刺してもOKですので、やりやすい方法でやってみてください。

切り込みは時間があれば入れるくらいでOKですが、もし入れる場合は、片面(もしくは両面)に斜めに3~4㎜幅に浅い切り込みを入れます。

続けて、塩をこんにゃくの両面に薄くふり、5分ほどおいておきます(塩をすることは味をつけ、同時にこんにゃくの臭みを抜くためです)。

ここまで準備できたら、先にみそだれを作っておきます。鍋にAの調味料を合わせ、ゴムベラなどで混ぜ合わせてから中火にかけます。

沸いてきたら少し火を弱め、ヘラで鍋底を混ぜながら4〜5分ほど火にかけます。ドロッとしたとろみがつけばOKです(温度が冷めたら粘度がアップするので、少し緩めくらいで大丈夫です)。

※みそだれの詳細は「和食の万能みそだれの作り方」にまとめているので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

こんにゃく田楽の作り方/仕上げ

みそだれを作る途中にフライパンに湯を沸かしておき、みそだれが完成したらこんにゃくを串付きのままゆでます。

ゆでる時間は3分ほどです。こんにゃくの芯まで温め、ざる上げします。

お皿にこんにゃくを盛り付けて、上からたっぷりみそだれをかけて、熱いうちにいただきましょう(みそだれをかけるのは片面にたっぷりで十分だと思います)。

大人は練りからしを添え、食べるときにみそだれの上に箸で広げてからいただくと、ピリリと味が引き締まってより美味しくなります(好みで一味や黒こしょうなどでも)。

【補足】

  • 下ゆでしたこんにゃくを冷蔵庫で冷やし、みそだれも粗熱を取って冷まし、冷たい状態で合わせても美味しいです。
  • こんにゃくの切り込みは必須ではないですが、切り込みを入れることで、こんにゃくの味付け、臭み抜き、みそだれの絡みやすさなどがアップしてくれます。お好みでどうぞ。
  • みそだれが少し残った場合は、他の田楽に使ったり、みそ炒めやみそ汁などに足し入れる形で活用してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
こんにゃく
田楽
お酒のつまみ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ