おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ひと手間でおいしく!こんにゃくステーキのレシピ/作り方

こんにゃくステーキの写真

調理時間:20分以下

こんにゃくを家族にも喜ばれるメインのおかずにする!このことにこだわってたどり着いたのが‟にんにくバター醤油”

といっても、ごま油も隠し味に入っているので「なんだか美味しいぞ!」という仕上がりになって、我が家でもとっても好評でした。ごはんが進む美味しさです!

このレシピのキーワード
こんにゃく
ピーマン
椎茸

印刷する

こんにゃくステーキの材料(1〜2人分)

  • こんにゃく … 1枚(250g)
  • ピーマン … 2個
  • 椎茸 … 2枚
  • サラダ油 … 小さじ1
  • ごま油 … 小さじ1/3ほど
  • にんにく … 1/2かけ
  • 輪切り唐辛子 … 少々
  • バター … 10g
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1

スポンサーリンク

こんにゃくステーキの作り方

こんにゃくステーキの材料

白ごはん.comのこんにゃくステーキは、『こんにゃくにピーマンや椎茸を加えてこんがりと焼き、それらを取り出した後にフライパンで‟にんにくバター醤油ソース”を作って、全体にかけて仕上げる作り方』です。

まず、こんにゃくの下ごしらえから。こんにゃくは味のからみをよくすること、臭みを抜くこと、この2点がポイントです。

はじめにこんにゃくの厚みを半分に切り、切ったものの両面に斜めに浅い切り込みを細かく入れます(だいたい2〜3㎜幅くらいで)。それを大きめのひと口大に切ります。

切ったこんにゃくをボウルに入れ、塩小さじ1/3(分量外)を混ぜ合わせて5分おきます。

5分待つ間に、ピーマンはヘタと種を除いて大きめのひと口大に、椎茸は軸を切り落として7〜8㎜幅に切ります。にんにくはみじん切りにします。

こんにゃくは塩もみしたものをそのまま沸いた湯に入れて1〜2分ゆでます。ざる上げしたら水に浸けず、そのまま水気を切るだけにしておきます。

※これでこんにゃくの下ごしらえは完了。塩でほのかに下味もつき、臭みも抜けてくれます。

こんにゃくステーキの焼き方/作り方

フライパンにサラダ油とごま油を入れて中火にかけます。※少量のごま油はごまの風味をつけすぎずに料理にコクを出すためです。

こんにゃくを重ならないように並べ、空いたところに野菜を加えます。こんにゃくは片面2分ずつを目安に中火で焼きます。そのあいだ、野菜は箸で適宜混ぜながら炒めます。

2分経ったらこんにゃくの上下を返し、さらに2分焼きます。野菜も継続して炒めるのですが、しっかり焼き色がついたらこんにゃくの上に移動させるなどします。

最後に塩ふたつまみ、こしょう少々(各分量外)を加えて、フライパンをふって混ぜ合わせ、下味をつけます。

下味をつけたら、お皿に取り出します。

こんにゃくステーキのソースのレシピ/作り方

フライパンにバター、にんにく、輪切り唐辛子を入れ、香りが立つまで弱火にかけます。

続けてAの調味料を加えたら、弱火のまま1〜2分ほど軽く煮詰めて、にんにくバター醤油ソースを作ります。それを全体にかけて完成です。

【補足】

  • 野菜はしめじなどのその他きのこ類、いんげんなどの豆類、もやしなどでも美味しいです。
  • こんにゃくは淡白なので、適度にコクのでる油(ごま油やバター)を加えて作ると美味しくできました。
  • バターの分量はさほど多くないので有塩でも無塩でもどちらでも大丈夫です。
  • にんにくが入ったほうが食べ応えが出ておすすめですが、好みで分量を調整してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ