おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

こんにゃくの甘辛煮/煮物のレシピ/作り方

こんにゃくのおかか煮(甘辛煮)の写真

調理時間:10分以下

弁当おかずにぴったりの「こんにゃくの甘辛味の炒り煮」。唐辛子をきかせているものが多いです。 けれど子供がいる家庭では、唐辛子を入れずにおかか煮にするのがよいのではないかと思います。

味付けはしっかり甘辛く、醤油と砂糖とみりんで、仕上げにかつお節をたっぷりふりかけて仕上げます。
【保存の目安:冷蔵で1週間ほど】

このレシピのキーワード
こんにゃく
常備菜
お弁当
おせち
甘辛煮

印刷する

こんにゃくの甘辛煮/煮物の材料 (作りやすい分量)

  • こんにゃく … 1枚(250g)
  • かつお削り節 … 1パック(約2g)
  • 濃口醤油 … 大さじ2と1/2
  • みりん … 小さじ2
  • 砂糖 … 小さじ2
  • ごま油 … 小さじ1/3ほど

スポンサーリンク

こんにゃくの甘辛煮/煮物の作り方

煮物用こんにゃくの下処理

こんにゃくは表面がつるっとして味がのりにくい食材なので、煮物に使うときはスプーンでひと口大にちぎるとよいです。

下の写真のように、こんにゃくの角からひと口大になるようにスプーンでちぎります。包丁で切るよりも表面にザラツキができるので味がのりやすくなります。

それを3分ほど下ゆでをして臭みを抜き、“おかあげ”といって、ざるにとったら、水などにつけずに水気を切るだけにします。

※こんにゃくに下ごしらえでには塩もみするやり方もありますが、このレシピでは後からしっかり醤油味にするのでゆでるだけにしています。一般的なこんにゃくの下ごしらえは「こんにゃくの下茹でのやり方」を参考に。

こんにゃくの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方

鍋に油をひかずに①のこんにゃくを入れます。中火にかけてこんにゃくを1分ほど乾煎りして(※鍋の中でバチバチ大きな音がします)、こんにゃくの水分をさらに飛ばします。

こんにゃくの表面が乾いたら(薄っすら焦げ目がつくことも)、Aの調味料を加えます。こんにゃくには味がつきにくいので『ここでしっかり煮汁を煮詰めて、こんにゃくにまとわりつかせる』ことが大切です。

汁気が少なくなってきたら火を少し弱め、最後に少しだけ煮汁を残した状態でかつお節を加えて混ぜ合わせ、その煮汁を吸わせて全体にからめれば完成です。

【補足】

  • 粗熱が取れてから保存容器に入れ、冷蔵庫で保存すれば1週間から10日ほど日持ちします。
  • 「こんにゃくのおかか煮」はスプーンでちぎらずに大きめのひと口大(きれいにな長方形)にすれば、おせち料理としてもお重に詰めやすく、とても喜ばれる一品です。その際はこんにゃくの両面に浅く格子状に切り込みを入れると、味ののりがよくなります。
  • ピリリと辛みをきかせたい場合は、仕上げに一味唐辛子をふるなどするとよいです。
  • 器情報:稲村真耶さんの器
  • レシピ更新:以前は醤油が大さじ3でしたが、大さじ2と1/2に減らしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
こんにゃく
常備菜
お弁当
おせち
甘辛煮

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ