おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)のレシピ

キャベツと厚揚げの味噌炒めの写真

調理時間:20分以下

キャベツがメインの炒め物は“キャベツをじっくり炒めること”が大切です。中途半端に火を通さず、特に茎の部分などはじっくり炒めることでキャベツの甘さが引き立ちます!

厚揚げ入りの味噌味レシピで、ご飯が欲しくなる味付けにしていますので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
キャベツ
厚揚げ
みそ味

印刷する

キャベツと厚揚げの味噌炒めの材料 (2人分)

  • 厚揚げ … 250g(大きさによって1~2枚ほど)
  • キャベツ … 250g(小なら1/4玉ほど)
  • 生姜 … 20g(大きめひとかけ)
  • 唐辛子 … 好みで少々
  • ごま油 … 小さじ1
  • サラダ油 … 小さじ2
  • みそ … 大さじ2~2と1/2(※)
  • 酒 … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ2
  • 醤油 … 小さじ1

※みそは塩分に差があるので、はじめての場合は大さじ2で作り、最後に塩気が足りなければ塩少々で味を整えてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)の作り方

キャベツと厚揚げの下ごしらえ

キャベツの味噌味の炒め物はキャベツ、厚あげ、生姜、(好みで)唐辛子を合わせます。

まず、キャベツは太い茎の部分も含めて5~6㎝四方に切ります。※切ったキャベツは軽く手でほぐしてボウルに入れて水洗いし、しっかり水気を切っておきましょう。

※唐辛子は輪切り唐辛子少々でもいいですし、丸ごとの場合は種を除いて1/2~1本ほど好みで用意してください

厚揚げは1㎝幅くらいの厚みの食べやすい大きさに、生姜はせん切りにします。

食材が準備できたら、Aの味付けの素となるたれを容器に合わせて作っておきます。

キャベツと厚揚げの炒め物のレシピ/仕上げ

フライパンにごま油小さじ1と生姜を入れて中火にかけます。油が熱くなってきたら厚揚げと唐辛子を加えます。

火加減は中火のまま、時おりフライパンを振りながら2分ほど炒めます。キャベツをこの後にじっくり炒めたいので、一度お皿に取り出しておきます

フライパンにサラダ油小さじ2を足し入れ、弱めの中火にかけてキャベツを入れます。

ここから5~6分ほど時間をかけてじっくりキャベツに火を通します。炒める途中に葉の部分に焼き色がついて火が通ってくるものがあるので、それらを箸でお皿に取り出しながら炒めます。

計5~6分炒める後半のほうには、厚みのある太い茎に近い部分が多く残ります(この部分を中途半端に炒めて仕上げると美味しくないので注意が必要です!)

太い茎の部分にもじっくり火を通し、そこも甘くて美味しい!というくらいの炒め加減を目指します。茎に火が通ればすべてを戻し入れます。

合わせておいた味噌だれを入れ、全体を混ぜ合わせます。1分くらいあおるように炒め合わせれば完成です(味噌を控えめに入れた場合などは味見をして塩で味調整を!)

【補足】

  • 厚揚げを豚ばら肉などに変えても美味しいです。その時も豚肉を先に炒めて一度取り出し、キャベツはじっくり炒める手順で作ると美味しく仕上がります!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
キャベツ
厚揚げ
みそ味

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ