おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

基本のマカロニグラタンのレシピ/作り方

基本のマカロニグラタンの写真

調理時間:60分以下

はじめてでも失敗なく作れるような、鶏肉や玉ねぎを具とした基本的なマカロニグラタンのレシピです。

ソースと具材炒めを別器具で行うレシピも多いですが、グラタンの具を炒めたフライパンの中で、そのままホワイトソースを仕上げる手軽な作り方にしています。ぜひお試しください。

※基本レシピでは仕上げにピザ用チーズを合わせていますが、追いバター&パン粉で焼き上げる食べ方もおすすめです!

このレシピのキーワード
マカロニ
牛乳
鶏肉
洋食
玉ねぎ
バター
椎茸
チーズ

印刷する

マカロニグラタンの材料 (2人分/小さめなら3人分)

  • マカロニ … 50g
  • 鶏もも肉(炊き込みご飯用カット等)…75g
  • 玉ねぎ … 1/3個
  • 椎茸 … 1~2枚
  • 牛乳 … 400ml
  • サラダ油などの油 … 小さじ1
  • バター … 5gほど
  • 小麦粉 … 大さじ2
  • 塩 … 小さじ1/2
  • こしょう … 少々
  • ピザ用チーズ … 適量

スポンサーリンク

マカロニグラタン/ホワイトソースの作り方

マカロニグラタンの下ごしらえ

用意するメインの材料は、マカロニ、牛乳、鶏もも肉、玉ねぎ、椎茸で、バター、小麦粉、塩、こしょうも使用します。

※椎茸はなしでも作れますが、入っていた方が食感と香りがよいので、ぜひ入れて作ってみてください。鶏肉等の代用については下記補足に。

椎茸は軸を切り落として2~3㎜幅に、玉ねぎも同じく2~3㎜幅に切ります。

マカロニは鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を加え、袋の表示時間通りにゆでてざる上げしておきます。

※鶏肉は炊き込みご飯用1㎝角ほどのカット済みのもの買えればそれでOKです。自分で切る場合も1㎝角を目安にしてください。

※ゆで上げたマカロニは、好みで少量の油をまぶしておいても。後工程でくっつかずに混ぜやすくなります(油なしの場合でも後工程で良くほぐせば大丈夫です)

ホワイトソースの作り方/とろみづけ

フライパンに小さじ1の油を入れて弱めの中火で熱し、鶏肉を入れて箸でほぐしながら炒めます。玉ねぎを入れる前に塩ひとつまみ、こしょう少々(各分量外)で下味をつけます。

鶏肉だけで1分ほど炒め、続けて玉ねぎを加え、さらに1分半ほど炒めます。玉ねぎにも透明感が出てくるまで炒めましょう。

椎茸を加えて、さらに1分ほど、椎茸がくたっとするまで炒めたら火を止めます。

小麦粉大さじ2をフライパン全体にふりかけるように入れ、バター5gほども加え、炒めた具材とともに、フライパンの中でそのままホワイトソースを作っていきます。

小麦粉とバターを加えたら弱火にかけ、箸で混ぜながら、具材に小麦粉をなじませます

30~45秒ほど弱火にかけるのですが、フライパンについた粉も具材にからませつつ、白っぽい色合いがなくなるまで火にかけます。そうなれば牛乳400mlのおよそ1/3量をそそぎ入れます

※牛乳は3回に分けて投入します。そうすることで、ダマになりにくく、きれいなホワイトソースに仕上がると思います。

火を少し強め、箸で全体を常にやさしく混ぜながら、具材と牛乳をなじませます。

具材に絡んでいた小麦粉と牛乳が次第に混ざりあって、全体的にとろみがついてきます。湯気が立って沸く直前くらいまで火にかけてOKです。

続けて、また400mlの1/3量の牛乳を足し入れます。同じように混ぜながら火にかけ、湯気が立って沸く直前くらいになれば、残りの牛乳を加え、同じことを繰り返します。

最後の牛乳を加えて混ぜながら火にかけ、とろみも出て、ホワイトソースが沸いてくれば弱火にして7~8分ほど火にかけます。

弱火で煮る間はゴムヘラやスプーンなどを使い、フライパンの底や淵を混ぜながら、7~8分後に下の写真のように"フライパンにさっと線を引いたときに、底面が一瞬きれいに見えるタイミング"までとろみを強くします

そうなれば火を止め、塩小さじ1/2とこしょう少々で味を調えます。ゆでておいたマカロニを入れ、ほぐし混ぜればグラタンのホワイトソースの出来上がりです。

マカロニグラタンの仕上げ

ホワイトソースができあがれば、耐熱容器に移して、トースターやオーブンで焼いて仕上げます。

シンプルにピザ用チーズ適量を広げて、トースターなら強めの火加減で10分ほど、こんがりと焼き色がつけば完成です。

※ピザ用チーズを使わず、追いバター&パン粉で焼く食べ方もおすすめ(ソース作りの段階でのバターの使用量も少ないので)。味わいがよりシンプルにソースの味が楽しめます!

【補足】

  • 鶏肉の代わりにベーコンを加えて作ったり、むきえびで作ったりしても美味しいです。
  • オーブンなら200~250℃ほどの温度で熱しておいた中に入れ、焼き色がつくまで焼いてください。
  • 工程2で具材入りのホワイトソースを完成させた後に、一度冷ました場合は、耐熱容器に入れた後に軽くレンジで加熱してさっと温めた後にトースターなどで焼くと芯まで温まりやすいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
マカロニ
牛乳
鶏肉
洋食
玉ねぎ
バター
椎茸
チーズ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング