おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

だしブレンドrecipe / さっぱり梅なめたけ

だしブレンドrecipe / さっぱり梅なめたけの写真

調理時間:10分以下

※このレシピは「だしブレンド」という、白ごはん.comのオリジナル商品を活用するものです※

暑い時期のご飯のお供にぴったりな梅風味のなめたけも、かつお節や昆布がブレンドされただしブレンドを使えば、手軽におうちで手作りできます。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
だしブレンド
えのき茸
お弁当
きのこ

印刷する

梅なめたけの材料 (作りやすい分量)

  • えのき茸 … 200g
    ※えのき茸は束の大きさが様々なので200gを目安に!
  • 梅干し … 2~3個
  • だしブレンド … 大さじ1
  • 水 … 大さじ4
  • みりん … 大さじ2
  • 酢 … 大さじ1と1/2
  • 醤油 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/4

スポンサーリンク

梅なめたけの作り方

梅なめたけの下ごしらえ

えのき茸は石突きを切り落として1〜1.5㎝幅に切り、根元に近いところは手でほぐします。梅干しは種を除いて、包丁でしっかりと叩き、ペースト状にします。

梅なめたけのレシピ

鍋にはじめからすべての材料を合わせます。切ったえのき茸と梅干し、Aの水大さじ4と調味料(みりん大さじ2、酢大さじ1.5、醤油小さじ1、塩小さじ1/4)を加えます。

箸で軽く混ぜ合わせ、鍋を弱めの中火にかけて、えのきに火を通していきます。

※酸味をよりプラスするため、取り出した梅干しの種も一緒に火にかけても美味しいです(その場合、出来上がった後に取り出します)

調味料が沸いてえのきに火が通れば、えのきのかさも減って煮汁が少し増えるので、その状態になったら火を少し落として4〜5分ほど煮詰めます

下の写真くらい、鍋底にうっすら煮汁が残るくらいになれば出来上がりです。

※冷めたらとろみが増すので、汁気は煮詰めすぎないでOKです。

粗熱が取れたら保存容器に移します。保存の目安は冷蔵で5日ほど、冷凍なら1か月ほどです。

【補足】

  • 梅干しの色は加熱すると少しくすんでしまうので、色の良し悪しは気にせず、酸味のしっかりあるものを使うと美味しくできます。
  • 熱々のごはんの上にかけるのはもちろん、軽く塩もみしたきゅうりと合わせて和え物にしたりしても美味しいです。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
だしブレンド
えのき茸
お弁当
きのこ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング