おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

椎茸のガーリックソテー&ブルスケッタのレシピ/作り方

椎茸のガーリックソテー&ブルスケッタの写真

調理時間:10分以下

シンプルに椎茸だけをガーリックソテーして、ちょっぴり和風に醬油等で味付けします。

そうすると、和の献立にも、洋風のおつまみのブルスケッタにも、どちらにも美味しい常備菜になると思います。ぜひお試しください。
【保存の目安:冷蔵で3~4日ほど】

このレシピのキーワード
椎茸
にんにく
パン
きのこ
お酒のつまみ

印刷する

椎茸のガーリックソテー&ブルスケッタの材料 (作りやすい分量)

  • 椎茸 … 200g(※)
  • にんにく … 1かけ
  • オリーブオイル … 大さじ2と1/2
  • 一味唐辛子 … 好みで少々
  • 醤油 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/5
  • こしょう … 少々

※椎茸200gは中サイズで10~12個くらいが目安になるかと思います。

スポンサーリンク

椎茸のガーリックソテー&ブルスケッタの作り方

椎茸の切り方

椎茸のみをシンプルににんにくでソテーするレシピです。椎茸のカサの裏が真っ白できれいな(黒ずんでいない)新鮮なものを用意して作ってみてください。

椎茸はカサやカサの裏に黒い汚れがついていたら手やキッチンペーパーなどで払い落し、軸を切り落とします。

カサは真横に半分に切ってから、6~7㎜幅に切ります(小さめなら横に切らずに6~7㎜幅に)。また、切り落とした軸も白く新鮮であれば、石づきだけ切り落として残りを縦4等分に切って一緒に炒めるとよいです。

椎茸のガーリックソテーのレシピ

椎茸は油を吸うので、オリーブオイル大さじ2と1/2ほど、たっぷり加えます

そこにスライスしたにんにくを入れて強火にかけ、フツフツと油が熱くなって香りが立ってくれば、椎茸を入れます。

火加減は強火のままフライパンを時折ふりながら、2分半ほど炒めます

2分半炒めたらしっかり火が通るので、火を一度止めて、Aの調味料(塩小さじ1/5、醤油小さじ1、こしょう少々)を加え、火をつけて30秒ほど炒め合わせます。

火を止めて完成です。好みで仕上げに一味唐辛子を少々加えても、味が引き締まって美味しいです。

保存期間とブルスケッタ

椎茸のガーリックソテーは保存容器に入れるなどすれば、冷蔵庫で3~4日日持ちします。

そのまま常備菜的に食べても美味しいですし、軽く焼いたバケットなどにのせ、ブルスケッタとしておつまみ的に食べるのもおすすめです。

【補足】

  • 椎茸は菌床栽培と原木栽培がありますが、原木のほうが香りが強くてより椎茸の風味を楽しめると思います。手に入ればぜひ原木椎茸で作ってみてください。
  • 椎茸の軸は、カサの部分とはまた違うしっかりとした食感があるので、一緒に炒めるとよいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
椎茸
にんにく
パン
きのこ
お酒のつまみ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング