おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おかわり必至な美味しさ!さば缶と梅干しの炊き込みご飯のレシピ/作り方

さば缶と梅干しの炊き込みご飯の写真

調理時間:10分以下※浸水や炊飯の時間は除けば、作業時間は5分ほど!

さばの水煮缶を使ったおかずのおすすめが『さば大根』で、炊き込みご飯にするなら間違いなくこのレシピがおすすめです。

なんといっても、さばの水煮に梅干しを加えて炊き込みご飯にするのがポイントで、包丁いらずで作れる手軽さもうれしいところ。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
さば
梅干し
缶詰
大葉

印刷する

さば缶と梅干しの炊き込みご飯の材料 (2合分)

  • 米 … 2合
  • さばの水煮缶(缶詰) … 1缶
  • 梅干し(※) … 1~2個(大きめなら1個で十分)
  • 大葉 … 3~4枚
  • 白いりごま … 少々
  • 塩 … 小さじ1/2
  • 醤油 … 小さじ1
  • みりん … 大さじ2

※この炊き込みご飯におすすめの梅干しについては、下の補足にまとめています。そちらもぜひ参考に。

スポンサーリンク

さば缶と梅干しの炊き込みご飯のレシピ/作り方

炊き込みご飯の具材と下ごしらえ

この炊き込みご飯はだし汁を使わず、さばの水煮缶と梅干しを使います(薬味として、好みで大葉やごまも)。

まず、米2合を研いで炊飯器の内釜にセットし、1.5合弱分くらいの水を加え、30分〜1時間ほど置いて浸水させます(←後から缶の汁や調味料を加えるので、その分を考えてはじめに加える水を少なめにします)。

さば缶と梅干しの炊き込みご飯のレシピ/作り方

米の浸水が完了したら、はじめにさばの水煮缶の汁気だけを加え入れ、続けて、Aの調味料(塩小さじ1/2、醤油小さじ1、みりん大さじ2)を加えます。

2合の目盛まで水が足りなければ加えてから、箸で軽く調味料を溶かし混ぜ、最後に、さばの身と梅干し(種ごと)を上にのせます。

あとは炊飯器にセットしてスイッチを押します。※浸水しているので普通コースの炊飯でOKです

炊き上がれば、しゃもじでさばの身を軽くつぶし、梅干しの種も取り除きます。底からさっくりと混ぜ合わせて出来上がりです。

好みで、器に盛り付けたあとに手でちぎった大葉を散らしたり、白いりごまをふりかけたりしてみてください。

梅干しの風味と酸味が炊き込みご飯の味わいを引き締めてくれていて、さばの脂を感じつつも食べ飽きない美味しさになると思います。

【補足】

  • 梅干しは原料や製法がさまざまですが、この炊き込みご飯に梅干しを加える目的は風味と酸味をプラスすることなので、原材料が“塩と赤しそだけ”の、昔ながらの酸っぱい梅干しで作るのがおすすめです。
  • 鍋炊きする場合は、缶の汁と調味料の量を計量カップで計ってみて、水加減からその分量を差し引いて炊いてみてください。
  • 米の浸水ですが、米が真っ白に白濁するまで浸水させてください。そこまで浸水すれば早炊きや急速コースで炊いても美味しく炊き上がります
  • 具材からしっかり味が出るため、水+醤油+みりんという出汁なしレシピで十分に美味しく出来上がります。
  • 米を浸水させてから普通コースで炊いたほうが美味しく炊けると思っているので、時間に余裕があれば上のような「先に米を浸水させる手順」で炊いてみてください。もし、浸水させる時間がなく、浸水なしでそのまま炊くなら『炊き込みごはんコース』で。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
さば
梅干し
缶詰
大葉

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

春レシピランキング