おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

乱切りのやり方(野菜の切り方の基本)

乱切りの写真

調理時間:10分以下

このレシピを動画でみる

具材感を出したいおかずや汁物に使わることの多い"乱切り"。切るときのポイントは、できるだけ大きさをそろえること

そのポイントをおさえるために、野菜の太さが均一か、にんじんのように途中で太さが変わるか、このことで少し切り方も変わってきます。

このレシピのキーワード
野菜の切り方の基本
にんじん
なす
レシピ動画付き

印刷する

乱切りの材料

  • なすやにんじん、ゴボウなど … 適量

スポンサーリンク

なすやにんじんの乱切りの切り方

なすの乱切り(太さが均一な野菜)

なすはヘタを切り落とし、まな板に置きます(包丁を斜めに入れるので、真横ではなく野菜自体も斜めにしておく)。

野菜の端から"斜めに"包丁を入れ、好みの大きさに切ります。

切った野菜は手前に90度以上まわして、切り口が手前側に見えるように回転させます。

その状態でまた端から斜めに包丁を入れます。この作業を繰り返し、できるだけ同じ大きさの乱切りにしていきます。

乱切りは、写真の通り、輪切りなどに比べて、切り口が自然と大きくなります。そのため、火が通りやすかったり、味がしみ込みやすかったり、食べる時に柔らかく感じて食べやすかったり、そんなメリットもある切り方です。

にんじんの乱切り(太さが途中で変わる野菜)

火の通り方や味のしみ込み方がバラバラにならないよう、乱切りは大きさをそろえることがポイントなので、にんじんのように太さが変わる野菜には注意が必要です。

先端の切り方はなすと同じで、先を斜めに切り、手前にまわして、切り口をまた斜めに切ります。

にんじんが太くなったら、写真のように縦に半分に切ると、先端側の乱切りと同じくらいの形・サイズにしやすくなると思います。

縦半分に切ったにんじんも、端から斜めに包丁を入れ、回転させながら乱切りにしてみてください。

※2番目の写真は、にんじんが尖った形になって斜めに包丁を入れづらくなったので、真横に(少し包丁を寝かせて)切っています。大きさをそろえることが大事なので、基本は斜めに包丁を入れつつも、臨機応変にやってみてください。

【乱切りのyoutube動画】

レシピ動画をyoutubeの白ごはん.com Channelにアップしています。特ににんじんなど、途中で太さが変わる野菜の切り方など、ぜひ動画も参考にしてみてください。

上のレシピに戻る

【補足】

  • 料理において、素材の大きさをそろえる、ということはけっこう大事なことで、それによって、火の通り方や味のしみ込み方が均一になり、見た目もきれいに仕上がります

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋レシピランキング