おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

作りやすく野菜もうまい!肉豆腐のレシピ/作り方

肉豆腐の写真

調理時間:30分以下

木綿豆腐に牛肉、玉ねぎにきのこ2種を合わせ、ごはんが進む肉豆腐を作ります。

調味料も作り方もシンプルになるように工夫しましたので、ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
牛肉
豆腐
玉ねぎ
きのこ

印刷する

肉豆腐の材料(3~4人分)

  • 牛こま切れ肉 … 200g
  • 木綿豆腐 … 1と1/2丁(計450gほど)
  • 玉ねぎ … 1個
  • 椎茸 … 4枚
  • えのき茸 … 100g
  • 醬油 … 大さじ5
  • 酒 … 大さじ4
  • みりん … 大さじ4
  • 砂糖 … 大さじ2
  • 水 … 100ml

スポンサーリンク

肉豆腐の作り方

肉豆腐の下ごしらえ

この肉豆腐は26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。フライパンの体積を考えると木綿豆腐1と1/2丁くらいがちょうどよいので、半端ですが一度上記分量で作ってみてください。

はじめに木綿豆腐は1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます

水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。置く時間は10分ほどでOKです。

※木綿豆腐の水切りをする時間がないときは、より水気が少ない「焼き豆腐」を買ってきて作っても。

玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。

肉豆腐の味付け

肉豆腐の味付けは牛肉や野菜からの出汁が出るので、特にだし汁は必要ないと思っています。

醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100mlをフライパンに合わせて箸で混ぜて軽く溶かします。

肉豆腐のレシピ/作り方

フライパンを火にかける前に切った玉ねぎを入れ、中火にかけて沸くのを待ちます。

煮汁が沸いたら玉ねぎを端に寄せ、空いたところに牛肉を入れて箸でほぐしながらさっと火を通します

全体的に肉の色が変わって火が通るまで加熱し、火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します

※肉豆腐は豆腐や玉ねぎなどやわらかい食感の具材が多いので、牛肉が固くならないよう、はじめにさっと火を通して取り出し、最後に戻し入れて温めるという火の入れ方にしています。

牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは多少重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。

豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。※この間煮汁がぐつぐつ沸くようなら火を少し弱めておきます。

きのこを上にのせると少ししんなりするので、きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。

きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。

蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます

10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってくれています。

きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます

これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

肉豆腐を丼ぶりにしても!

ご飯の上に豆腐、牛肉、野菜をのせて、煮汁をたっぷりかけると牛丼のような美味しい丼ものにもなります。

好みで一味唐辛子をふりかけても美味しいです。2日目などの食べ方としてぜひ!

【補足】

  • 新しい豆腐を使えば、作ってから冷蔵で2~3日は日持ちします。食卓に出すときは芯まで温めてから出すとよいです。
  • ちょうどよい大きさの落とし蓋がないようなら、キッチンペーパーを上にかぶせるなどして代用してもOKです。
  • 同じ牛肉が入る煮物でも「肉じゃがの作り方」では、牛肉を入れたままずっと煮ています。それに対し、肉豆腐は上に書いたように牛肉を一度取り出します。より肉をやわらかめに仕上げるためで、合わせる具材の食感のバランスを考慮してのことです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ