おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ほたての茶碗蒸しの作り方/レシピ

ほたての茶碗蒸しの写真

調理時間:60分以下

この茶碗蒸しに使うのはほたての水煮缶。缶詰の貝柱と缶汁をすべて使うことでだし汁を用意しなくても美味しく仕上がる簡単な茶碗蒸しにしています。

手軽なおもてなし料理としても便利ですので、ぜひ参考に作ってみてください!

このレシピのキーワード
蒸し料理
おもてなし
缶詰
ひな祭り

印刷する

ほたての茶碗蒸しの材料 (3人分前後)

  • ほたて貝柱水煮缶 … 1缶(※)
  • 卵 … 2個
  • 椎茸 … 3~4枚
  • 三つ葉 … 1/4束
  • 醬油 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/5

内容量120g(固形分50g)のものを1缶使用します。

スポンサーリンク

ほたての茶碗蒸しの作り方

ほたての茶碗蒸しの準備

材料は卵、ほたて貝柱水煮缶、椎茸、三つ葉です。

ほたての水煮缶は1缶の大きさに違いもあるので「固形分50g、内容量120gのものを1缶」を目安に、裏面表示を見て用意してみてください。

まず、椎茸は軸を切り落として2~4等分に切り、三つ葉は1〜1.5㎝幅に切ります。

ほたての水煮缶は開けたら具として入れる貝柱を取り出し、残った缶汁はだし汁代わりにするので、合計300mlになるまで水を足し入れます

ほたての茶碗蒸しの卵液

ボウルには卵を割り入れ、卵白のかたまりがないようにしっかりと溶きます。そこに缶汁を薄めた300mlをすべて加えます。

合わせたら醤油と塩を加えて調味してから、一度卵液をざるに通してこします。

*目的は卵にふくまれるカラザを除いたり、明らかに溶きほぐせていない卵白がないか確認するためです。

ほたての茶碗蒸しのレシピ/蒸し方

器に具材を等分して盛り付けます(三つ葉もはじめから入れてOKです)

続いて、作った卵液を底から一度軽く混ぜ、具の上からそっと注ぎ入れます。

茶碗蒸しを作る方法は蒸し器を使って加熱する基本の茶碗蒸しのページや、蓋付き鍋で蒸して加熱する鍋で作る茶碗蒸しのページなど、白ごはん.comではいくつか紹介していますので、やりやすい方法で作ってみてください。

※今回、下の写真での加熱方法は、私の家の電子レンジに100℃以下の蒸し温度を設定できる「低温蒸し機能」があったので、その機能を使い90℃設定で25分ほど蒸しました。器にふんわりとラップをして蒸しています。

※この茶碗蒸しは、ほたてを特に崩さずに具として入れるので、ほたてから少し水分が出てくることがあります。茶碗蒸しの上に水分が少し残ることがありますが、下の卵液が固まっているかを器を揺らすなどしてきちんと確認するようにするとよいです。

蒸し器や蓋付き鍋、電子レンジの機能など、どれも100℃よりも少し低い温度で蒸すのがポイントなのですが、その蒸し時間の25分はあくまで目安なので、器の厚みや火加減で変わってきます。

時間通り蒸しても固まっていないときは、追加で数分単位で蒸してしっかり火を通すようにすることも大切です。ぜひ熱々を食卓でいただきましょう!

【補足】

  • 好みでかまぼこを入れたり、火を通した長芋を食べやすく切って入れても、ホクホクして美味しいです。
  • 「ほたてとキュウリの酢の物」でも、同じように水煮缶の缶汁をだし汁代わりに使って酢の物に仕上げています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
蒸し料理
おもてなし
缶詰
ひな祭り

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ