おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

鍋で作る簡単 茶碗蒸しのレシピ/作り方

鍋で作る茶碗蒸しの写真

調理時間:60分以下

茶碗蒸しの基本レシピをベースに、「蒸し器ではなく、蓋付きの鍋で作るレシピ」を紹介しています。

火加減や、蒸す時間など、ちょっとしたコツがあるのですが、蒸し器で作るよりも手軽に作れます。ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
蒸し料理
おもてなし
だし汁

印刷する

茶碗蒸しの材料 (3人分前後)

  • 卵 … 2個
  • かつおだし … 300ml
  • 薄口しょうゆ … 小さじ2
  • 塩 … 小さじ1/5
  • 椎茸 … 1〜2枚
  • 鶏もも肉 … 50g
  • かまぼこ … 4切れほど
  • 三つ葉 … 1/4束

スポンサーリンク

鍋で作る簡単茶碗蒸しの作り方

茶碗蒸しの具と卵液

茶碗蒸しの卵2個分の基本分量は『卵2個、だし汁300ml、薄口しょうゆ小さじ2、塩小さじ1/5』、卵3個分だと『卵3個、だし450ml、薄口しょうゆ大さじ1、塩小さじ1/3』となります。

基本のレシピである「シンプル茶碗蒸しの作り方」に、具の切り方やアレンジ、卵液の下ごしらえのコツなどをまとめていますので、それぞれ参考にしつつ準備してください。

鍋に茶碗蒸しの器をセットする

茶碗蒸しを鍋で作るとき、必要なのが「蓋付きの鍋」。これは鍋の中で蒸らし煮にするので、蓋付きのものが必須となります。

下の写真では鍋底に布巾を敷いています。こうした方が茶碗蒸しに火を通すとき、お湯の沸騰によって器がガタガタしないので、きれいに蒸し上がります(これは必須ではないです)。

はじめに、茶碗蒸しの器に具材を入れるのですが(三つ葉もはじめから入れてOKです)、後から注ぎ入れるお湯もたっぷり別鍋に沸かしておきましょう。具材が入ったら、茶碗蒸しの器を鍋にセットします。

続いて、卵液をそっと流し入れ、器の中にお湯が入らないように注意しながら、鍋肌から沸騰したお湯を注ぎ入れます。注ぎ入れる分量の目安は『茶碗蒸しの器の高さの半分まで』です。

そのまま鍋に蓋をして火にかけるのですが、蒸らし煮するときに蓋から水滴が落ちるので、『写真のように蓋に布巾やてぬぐいをまきつけておく』、もしくは『茶碗蒸しの器ひとつひとつにアルミホイルで蓋をしておく』、どちらかの対策をしておくとよいです。

※ふきんを蓋と鍋の間にはさむだけでもいいのですが、ふきんが下にたれると引火の危険があるので、しっかり上に折り込む(できれば結ぶ)ことが大切です!

鍋で作る茶碗蒸しの仕上げ/レシピ

茶碗蒸しを鍋で作るときは、蒸し器で作るときとは違って、終始蓋をきっちりしたまま加熱します。火加減や時間の目安は『はじめに2分中火→弱火に落として8分→火を止めて蓋をしたまま8分待つ』という手順です。

時間がきたら、茶碗蒸しの器を少し揺らしてみて、固まっているようなら竹串を中央に刺してみます。中から透明な澄んだ汁が出てくれば蒸し上がっています。

※茶碗蒸しに使った器の容量や厚み、鍋の大きさなどによっても火の入り方が変わってくるので、時間通りやっても固まり加減がゆるめのときは、再度加熱して調整してみてください(かなりゆるいときは弱火で数分加熱→蒸らす、ほとんど固まっているときは蒸らす時間をのばす、など)。

【補足】

  • 基本のレシピである「シンプル茶碗蒸しの作り方」に、茶碗蒸しに使える器について、茶碗蒸しを作るときの調味料についてなども紹介していますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
蒸し料理
おもてなし
だし汁

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ