おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

バター醤油がうまい!和風ステーキ丼のレシピ/作り方

和風ステーキ丼の写真

調理時間:20分以下

ステーキ丼はたれを醤油ベースの味付けにして、大葉などの薬味を合わせ、ちょっと和風に仕上げるのがおすすめ!

バターとごまの香りもプラスして、食欲そそる味わいに仕上げます。特別な日のご飯などにぜひお試しください!

このレシピのキーワード
牛肉
大葉
おもてなし
バター

印刷する

和風ステーキ丼の材料 (2人分)

  • 牛肉ステーキ用 … 150~200gほど(※)
  • 大葉 … 5~6枚
  • ごはん … 丼ぶり2杯分
  • 白いりごま … 小さじ1/3ほど
  • おろしわさび … 好みで少々
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • バター … 10g
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2

※牛肉はステーキ用のヒレ肉、赤身もも肉、サーロインなど、好みのものを使ってください。レシピ完成写真は2㎝厚ほどの小ぶりの赤身もも肉を使用しました。

スポンサーリンク

和風ステーキ丼の作り方

和風ステーキ丼の下準備

ステーキ用の牛肉は冷蔵庫から出して30分~1時間ほど常温に戻しておきます。また、薬味の大葉はせん切りに。

焼く直前に塩、こしょう各少々(分量外)を両面にうっすらとふりかけます。

※薬味として大葉をそえることで、香りよく、にんにくを使わなくても美味しい仕上がりになると思います。

和風ステーキ丼の焼き方/レシピ

フライパンにサラダ油小さじ1/2ほどをひき、中火で熱します。熱くなればステーキ肉を入れます。

中火か弱めの中火で焼いて、片面に焼き色がつけば裏返し、残りの面も同じように焼きます。

※焼き加減は好みの加減で。ウェルダン(よく焼き)にする場合は、火加減は弱火にしてじっくり焼いてください。

肉が焼けたら、手早くAの調味料を加えます(醤油、みりん、酒が各大さじ1と1/2)。いったん火を止めて行ってもOKです。

弱めの中火くらいで軽く調味料を煮詰め、ステーキ肉の上下を返して調味料を軽くからませます。煮詰まる前にステーキ肉は取り出し、火も止めておきます。

※ステーキ肉はそのまままな板の上に取り出してもいいですし、好みでアルミホイルに包み、肉の芯のほうまで余熱でより火を通しても。

バター醤油ソースの仕上げ/味付け

調味料が残ったフライパンでバター醤油ソースを作ります。

フライパンにバター10gを入れ、弱火にかけて溶かし混ぜます。軽くとろみがつくくらいまで煮詰めれば、バター醤油ソースの完成です。

※もしバターを入れる前にすでに軽くとろみがついてる煮詰まり具合なら、バターと一緒に水か酒を少し足し入れ、火にかけてください。

器にごはんをよそい、ソースを全体にかけ、食べやすく切ったステーキ肉を盛り付けます。

せん切りにした大葉をそえ、ごまをかけ、最後にステーキ肉にバター醤油ソースをかけて出来上がりです。

【補足】

  • ごまをふりかけるときは、指で軽くつぶしながらふりかけると、より香りのよい仕上がりになると思います。
  • 今回は合わせていませんが、おろしわさびを合わせても美味しいですし、サラダ油でステーキ肉を焼く前ににんにくスライスを油で炒めて香りを出してから肉を焼いても美味しいので、それぞれ好みでやってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
牛肉
大葉
おもてなし
バター

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ!