おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

釜揚げ&肉汁つけうどんのレシピ/作り方

釜揚げ肉汁つけうどんの写真

調理時間:20分以下

野菜たっぷりの豚バラ入りのつけ汁を作って、釜揚げうどんといただきます。お昼ごはんだけじゃなくて、晩ごはんにもうれしいボリューム満点のうどんレシピです。

麺類って野菜不足を感じてしまうメニューが多いですが、こういった食べ方もなかなかおすすめです。

このレシピのキーワード
野菜たっぷり
豚肉
小松菜
ねぎ

印刷する

釜揚げ肉汁つけうどんの材料 (2人分)

  • うどん … 2人分
  • 豚ばら肉(薄切り) … 100g
  • 小松菜 … 1/3束
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1/2本
  • えのき茸 … 小1/2束
  • 生姜 … 1/2かけ
  • サラダ油 … 少々
  • だし汁 … 250ml
  • 醬油 … 50ml(大さじ3と1/3)
  • みりん … 50ml(大さじ3と1/3)

※つけ汁多めが好みなら、だし汁300ml、醤油大さじ4、みりん大さじ4にしてもOKです。

スポンサーリンク

釜揚げ肉汁つけうどんの作り方

肉汁つけうどんの具材

肉汁つけうどんの具材は豚ばら肉、小松菜、長ねぎ、えのき茸を使います。

具材はそれぞれ麺と食べやすいように、豚肉は2㎝幅に、小松菜は3〜4㎝幅に、長ねぎは斜め薄切り、えのき茸は長さを半分に切ります。また、生姜はせん切りにします。

※うどんについては、生麺か乾麺をゆでて使うのがおすすめです。

釜揚げ&肉汁うどんのつけ汁のレシピ/作り方

つけ汁の作り方は、まず鍋にサラダ油少々を熱し、生姜と長ねぎを炒めます。そこに豚肉を入れ、箸でほぐしながら炒め合わせます。

豚肉がほぐれて少し色が変わってきたら、Aのだし汁と調味料を全量加えます。
※どんなだし汁を使うかですが「基本のだし汁」「煮干しだし」「うどんつゆのだし」、どれでも好みのものでOK。少しだけ濃いめのだしを使うのがポイントです!

続けてえのき茸を入れ、沸騰してきたらアクをすくい取ります。それから、火を少し弱め、仕上げに小松菜を入れてさっと火を通します。これでつけ汁の完成です。

釜揚げうどんの作り方と肉汁うどんの仕上げ

うどんはゆで時間によっては、つけ汁と同時にゆではじめておきます。ゆで上がれば、大きな器や桶があればそこにゆで汁ごと移します。

※桶などがなければ、鍋ごと食卓に持っていってもOKです。土鍋でうどんをゆでれば、食卓に出しても見栄えがしてくれます(土鍋は吹きこぼれやすいので火加減に注意が必要です!)。

あとは、つけ汁を沸騰直前まであたため、お茶碗くらいの小鉢に具材ごと注ぎ入れます。うどんをつけ汁につけ、具材と一緒にいただきましょう!

【※春夏の時期ならざるうどんにしても!※】
ゆでたうどんを冷たく冷やして、つゆは熱々の状態で食べるのも美味しいです。こちらは暖かい時期におすすめの食べ方です。

【補足】

  • 肉汁つけうどんに合わせる具材は、他に玉ねぎのうす切り、椎茸などのきのこ類や、ごぼうのささがき、ほうれん草や水菜などの青菜も美味しいです。
  • 豚肉の量は好みで調整してみてください。うどんと食べやすいように、薄めのばら肉がおすすめです。少し厚めのしゃぶしゃぶ用でも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
野菜たっぷり
豚肉
小松菜
ねぎ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ