おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

自家製だしパックのレシピ/作り方

自家製だしパックの写真

調理時間:10分以下※少量仕込むときの時間です

仕事柄、市販品のだしパックをたくさんこれまで比較検討する機会がありました。でもなかなか丁寧に取っただし汁に置き換えられるくらいの美味しいってものって少ないです…。

じゃあ自分で作るしかないかと思い、試作してみた結果をまとめています。ぜひおうちで天然だしを手軽に取り入れる選択肢の一つとして、お試しください!

このレシピのキーワード
市販品を自家製で
だし汁
かつお節
昆布
干し椎茸

印刷する

自家製だしパックの材料(作りやす分量で)

【1L分の万能のだしパックレシピ】
  • かつお厚削りの粉砕 … 12g
  • 昆布の粉砕 … 6g
  • 干し椎茸の粉砕 … 1g
【1L分の味噌汁のだしパックレシピ】
  • かつお厚削りの粉砕 … 7g
  • 昆布の粉砕 … 7g
  • 煮干の粉砕 … 7g

※レシピでは正確なグラム表記をしていますが、 下のレシピでは大さじ小さじで軽量する目安の分量も紹介しています。

スポンサーリンク

自家製だしパックの作り方

2種類の自家製だしパック

家庭でだしパックを手作りするよさは2つあると思います。それは『基本のだし取りよりも簡単に天然だしが取れる』『市販品のだしパックよりも美味しい』、ということです。

今回はおかずや汁物など、なんにでも使いやすい万能タイプと、味噌汁におすすめの煮干し入りの計2種類を紹介したいと思います。

3種類のだし取りの方法

だしパックのレシピや粉砕方法を紹介する前に、事前に準備したい道具や、そもそものだし取りの方法を紹介したいと思います。

まずは粉砕する道具。これは「ミルサー」「ミルグラインダー」と呼ばれる硬い食材を細かくするものを使用します(※フードプロセッサーなどだと硬い食材を粉砕できず、故障の原因にもなるので注意してください)。

それからスーパーなどでよく見かける「お茶・だしパック」。これは1Lのだし取りを行うレシピなので、大きめのサイズのものがよいです。もし、毎回捨てるのがもったいないという場合は、下の写真のように、だし取り専用の綿100%の袋なども売っているのでそういったものを使うとよいと思います。ただ、一つ知っておいてほしいのは『粉砕さえすれば、パック状にせずに直接粉砕したものでだし取りするのも便利』だということ。濾す手間はありますが、これでも普通のだし取りに比べればかなりの時間短縮になります(参考までに)。

だしパック素材の粉砕のやり方

それではだしパック作りでいちばん大切な粉砕のやり方です。このポイントは『粉状になるまで細かくせずに、粗いものが残る状態でストップする』ということです。粉状にしたものと比較したこともあるのですが、粉状にすればするほど素材から苦味などが出やすくなると感じました。

粉砕するときは容器の半分くらいまで材料を入れ(あまり多すぎると均一にできないので)、ミルに3~4秒かけたら取り出して確認、上下を返してもう一度ミルにかける、くらいでよいと思います(食材の硬さによってミルにかける時間は変わってきますが、粉状にしないように、頻繁に確認することが大切です!)

ちなみにかつお節は、薄削りよりも厚削りの方がだしパックには適しています(昆布などに合わせてじっくりだし取りするので厚みがあるものの方がバランスがよいので)。冷凍庫に袋ごと入れておけば乾燥してパリパリになります。それを外袋ごともみ込んで細かくしてもOKです。これである程度細かくなると思います。ここからミルにかけるならほんの少しで大丈夫です。

続いて昆布。これはだしパックの素材の中でいちばん硬いので、ミルに入れる前にある程度、手で折ったりはさみで切ったりして細かくしておくとよいです。昆布は均一に粉砕しづらい素材なので、大きい昆布も残りやすいです。残った大きな昆布に合わせて粉砕しようとせずに、大半の昆布の状態がよければそこで止め、大きな昆布は次にまわすなどするとよいと思います。

最後に干し椎茸と煮干し。干し椎茸も手で割れるようなら入れるときに細かくして入れるとよいです。煮干しはワタだけは苦味が出やすいので取り除いてからミルにかけます(頭はさほど苦味は出ませんが、煮干しらしい風味が強くなるので、除くか残すかはお好みで!)。

だしパックへの詰め方と保存

粉砕したら下の割合でパックに詰めていきます。それぞれ1リットル分のだし取り分量です(※目安としてカッコ内に大さじ小さじの容量も入れています。粉砕の大きさなどによって重さと体積のバランスは変わってくるので参考までに)。

万能だしパック
厚削りの粉砕12g(約大さじ2)、昆布の粉砕6g(約小さじ2)、干し椎茸の粉砕(約小さじ1弱)

味噌汁用だしパック
厚削りの粉砕7g(約小さじ4)、昆布の粉砕7g(約小さじ2)、煮干の粉砕(約小さじ4)

だしパックができれば、ジップロックなどにまとめて必ず冷凍保存してください。そうすれば2~3か月は保存使用可能です!

※これもおすすめ※ もし、パックに入れずにお湯に直入れでだし取りをしたい、という場合は、上記の割合でジップロックなどにまとめておき、だし取りの際に直接投入するとよいです。だし取りするときに濾す手間はかかりますが、だしパックに分けて入れる作業もなくなかなか便利です。

だしパックのだし取りのレシピ

あとはだし取りしたいときに1リットルの湯を沸かし、沸いたらだしパックを投入して火を弱めます。弱火で10~15分ほど煮出せばしっかりとだしが出ているので、取り出して完成です。

熱湯をそそぐだけのかつおだしも活用ください!

3分でできる即席かつおだしも紹介しています(レシピにも書いていますが、だしがらは冷凍して4~5回分をまとめて2番だしです!)。「そそぐだけ簡単かつおだし」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ