おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

おうちで作る絶品カレーうどんのレシピ/作り方

カレーうどんの写真

調理時間:30分以下※だし取りの時間を含んで

カレーうどんは地域によってとろみ具合が違うものですが、普通のゆでうどんで美味しいとろみ加減にしました。

このカレーうどん、リピ率かなり高い美味しいレシピだと思うので、ぜひお試しください!

このレシピのキーワード
カレー味

印刷する

カレーうどんの材料 (2人分)

  • ゆでうどん … 2玉
  • だし汁 … 600ml
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1本
  • 油あげ … 小1枚
  • 豚バラ肉(薄切り) … 100g
  • かまぼこ … 1/3本分
  • サラダ油 … 小さじ1/2
  • カレー粉 … 大さじ1
  • 片栗粉 … 大さじ1と1/2
  • 小麦粉 … 大さじ1
  • 水(あればだし汁) … 大さじ5
  • 醤油(あれば薄口) … 大さじ3と1/2
  • みりん … 大さじ2
  • 砂糖 … 小さじ2

スポンサーリンク

カレーうどんの作り方

カレーうどんの材料と具材の準備

白ごはん.comのカレーうどんは、カレールゥに頼らずに『濃いめのだし汁+カレー粉』をベースにします。具材はシンプルに「ねぎ、油あげ、豚バラ肉、かまぼこ」の4種類で、カレー粉はS&Bの一般的なものを使います。

うどん用のだし汁については、「うどんつゆの作り方」を参考に準備してみてください。うどん用のだし汁は濃いめのほうが美味しいので『水1Lに対して節40g』でだし取りするとよいです(個人的におすすめの配合は鰹厚削り20g、さばなどの雑節厚削り20gです)。

具材の切り方は、長ねぎは5㎜幅の斜め切り、かまぼこは5㎜幅、油あげと豚肉は1㎝幅に切ります。

また、火にかける前にとろみ付けのAをボウルに合わせ、しっかり溶いておくと後の作業がスムーズです。

※とろみ付けには「片栗粉」と「小麦粉」を併用します。小麦粉をプラスすることで、つゆにルゥのような重たさが少し出て、麺に味がのりにくい普通のゆでうどんでも美味しいカレーうどんに仕上がります!

カレーうどんのレシピ/作り方

普通の片手鍋でも作れるのですが、はじめに具を炒めること、カレーが風味移りやすいことを考えると、フライパンが便利です。

まず、フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、長ねぎと豚肉を炒めます。はじめに具を炒めることで、味に一体感が出ると思います。

ここでひとつまみの塩(分量外)を加えてほんの少し下味をつけ、ねぎや豚肉にほぼ火が通ればだし汁を加えます。

だし汁を加えたら、油あげとかまぼこを入れ、沸いてきたら火を少し弱めてアクをすくい取ります。

Bの調味料をすべて加えて混ぜ合わせ、1〜2分くらい煮込んで、具材にしっかり火を通します。この後にとろみ付けに入るので、うどんを温める準備もここで進めておくとよいです。

カレーうどんの仕上げ/とろみ付け

とろみ付けをする前に再度Aをしっかり混ぜて、底にたまった粉類を分散させます

火を少し強め、片手はお玉でフライパンの中を混ぜながら、Aを全体に加えます。底から全体を大きく混ぜてとろみを均一にします。

とろみがついたら火加減はそのままで1〜2分ぐつぐつと煮立たせます。粉類にしっかり火を通し、とろみを安定させるためです。

温まったうどんをざる上げして、しっかり水気を切ります(水気の切り方が弱いと、食べる途中でつゆのとろみがすぐに緩くなってしまいます!)。カレーつゆをかけて完成です!

【補足】

  • 具材のバリエーションは、椎茸やえのき茸などのきのこ類、いんげんや絹さやなどの食感のよい青み、にんじん、ほうれん草、小松菜なども美味しいです。好みでプラスしてみてください!
  • 油あげは下ごしらえの段階で、好みで油抜きしてもいいと思います。
  • 暑い時期なら、めんだけを冷たく冷やして、つゆはドロッと熱いものをかけて、という「ひやあつ」の組み合わせのカレーうどんにするのもおすすめです。

肉うどんも家で美味しく作れます!

だしの香りと牛肉の甘みが混然一体となる肉うどん。牛肉は4〜5分ほどさっと炊くだけなので、簡単に作ることができます!「肉うどんの作り方」 ぜひお試しください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
カレー味

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ