おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

肉うどんのレシピ/作り方

肉うどんの写真

調理時間:30分以下※だしを取る時間を含みます

和風出汁の香りに、牛肉の甘みがプラスされる温うどんの定番『肉うどん』

牛肉たっぷりの料理ってくどくなりがちなのですが、肉うどんだけは別格!ほのかに酸味のある出汁と合わさることで、さっぱりしつつも食べ応えがあって美味しい。ぜひお試しください。

このレシピのキーワード
牛肉
だし汁
煮干だし

印刷する

肉うどんの材料 (2人分)

【肉うどんの材料】
  • うどん … 一人ゆで後200g目安
  • うどんつゆ … 一人300ml目安
  • 味付け牛肉 … 下記参照
  • 刻みねぎ … 少々

【2人分の味付け牛肉の材料】
  • 牛肉(こま切れ) … 250g
  • 生姜 … 1/2かけ
  • 醤油 … 大さじ2
  • 酒 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 水 … 大さじ2
  • 砂糖 … 小さじ2
【2人分うどんつゆの味付けレシピ】
  • だし汁 … 600ml
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • みりん … 大さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1
  • 塩 … 小さじ1/3

スポンサーリンク

肉うどんの作り方

肉うどんの牛肉の味付け/レシピ

肉うどんに使う牛肉は「こま切れ」や「切り落とし」で十分です。適度に脂のはいった肉を選ぶとコクも出て、かたくなりすぎずに食べやすいと思います。

牛肉を炊くときには生姜をせん切りにして加え、肉うどんの仕上げには刻みねぎを加えます(好みで一味唐辛子などの辛みのある薬味を合わせても)。

牛肉を炊くタイミングは、だし取りしているときでも、事前に作っておいてもOKです。まず、鍋にAの調味料(醤油、酒、みりん、水各大さじ2、砂糖小さじ2)をすべて合わせます。

生姜も加えて中火にかけ、鍋肌の煮汁がふつふつと軽く沸いてきたら、牛肉を加えます。

牛肉を箸でほぐして、火加減はそのままで4〜5分煮るだけで味付け牛肉の完成です。

煮汁は完全になくなるのではなく、鍋底一面に残っている状態。しぐれ煮などとは違って、少しだけあっさりめの味付けになっています。

うどんつゆの味付け/レシピ

うどんつゆのだし取りに関しては「基本のシンプルうどんの作り方」で詳しく紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

だしが取れたら濾して、下のつゆの味付けを参考に、だしと調味料を鍋に合わせてつゆを仕上げます。

【2人前目安】 だし600ml、醤油大さじ1と1/2、みりん大さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじ1/3
【3人前目安】 だし900ml、醤油大さじ2と小さじ1、みりん大さじ1と1/2、砂糖大さじ1/2、塩小さじ1/2

※うどんつゆの塩気は、塩を増減させて好みで微調整してみてください。合わせるうどんの太さによっても、塩気の感じ方が変わってきます。一般的にめんが細い方が「麺のりがよい」ので、つゆの味を感じやすくなります。逆にめんが太いとつゆの塩気や風味を少し麺と一緒に感じにくくなるので、少し濃いめにするとよいと思います

肉うどんの仕上げ/作り方

肉うどんの具とつゆができれば、生麺や乾麺ならうどんをゆで、ゆでうどんならさっと温めておきます。

麺をざる上げして器に入れ、熱々のうどんつゆを注ぎます。一度うどんを箸でほぐし、それから味付けした牛肉と薬味をのせて完成です。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
牛肉
だし汁
煮干だし

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

夏レシピランキング