おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

なすと長芋のたたき丼のレシピ/作り方

なすと長芋のたたき丼の写真

調理時間:10分以下※なすを冷ます時間は除く

なすはレンジで加熱して、長芋はは包丁でたたいて、熱々のごはんにかつお節やねぎの薬味とのっけるだけ。

なすを冷たく冷やすと、つるりと食べやすい、暑い時期にぴったりの簡単丼ぶりレシピです。

このレシピのキーワード
なす
長芋

印刷する

なすと長芋のたたき丼の材料(2人分)

  • なす … 1〜2本(大なら1本、小なら2本)
  • 長芋 … 100g
  • カツオ削り節 … 1パック
  • 刻みねぎ … 少々
  • 白いりごま … 少々
  • ごはん … 適量
  • 醤油 … 適量

スポンサーリンク

なすと長芋のたたき丼の作り方

なすをレンジで加熱しておく

はじめに、なすを手軽にレンジで加熱します。まず、なすはヘタを切り落としてから、ピーラーなどで皮をむきます。さっと全体に水をかけ、軽く水気を切ったら、ラップで包みます(ラップに包むのは特にきれいにきっちり包む必要もありません)。

ラップに包んだなすをレンジの中央に置き、600ワットで2分〜2分30秒ほど加熱します。なすの太い部分を箸でつまんで、やわらかくなっていればOKです。※加熱むらが出るので、なすを2本使う場合でも1本ずつ加熱するとよいです

なすと長芋のたたき丼のレシピ/作り方

レンジで加熱した蒸しなすはそのまま冷蔵庫で冷ましておきます。冷ます間に刻みねぎや下で紹介する長芋のたたきなどを準備しておくとよいです。

長芋は皮をむいて包丁で細かくたたきます。すりおろすしてもOKですが、すりおりすよりも所心にシャキシャキした食感が残るので、なすのたたきには包丁でたたく方が相性がよいと思います。

なすが冷めたら、ラップから取り出して粗くたたきます(なすはしっかり冷やしてから合わせるととっても美味しいです!)。

※長芋でもなすでもそうですが、たたく前にある程度の大きさにカットした上で、たたくようにすると大きさにばらつきが少なくなります。

あとはご飯を丼ぶりに盛り付け、かつお節をちらします。その上にたたいたなすと長芋を盛り付け、刻みねぎ、いりごまをふりかけます。

食べる直前に醤油をかけていただきます!

【補足】

  • ボリュームを出したり、少し贅沢な感じにしたいときは、ここにイカの刺身を加えたりするのもおすすめです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ