おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

昆布巻き(ごぼう&魚の切り身で)のレシピ/作り方

昆布巻きの写真

調理時間:60分以下

ごぼうと白身の魚の切り身(メカジキやさわら)で昆布巻きを作ります。どちらかだけを具にしても美味しく作れますが、このレシピでは両方を半々くらいで同時に作るレシピにしています。

日持ちもするものなので、おせちに、普段のおかずに、ぜひお試しください!
【保存の目安:冷蔵で3~4日ほど】

このレシピのキーワード
昆布
かんぴょう
おせち
ごぼう
さわら
メカジキ

印刷する

昆布巻き(ごぼう&魚の切り身で)の材料 (作りやすい分量)

  • 早煮昆布 … 50g
  • かんぴょう … 15g
  • ごぼう … 1本
  • 魚の切り身(※) … 2切
    ※メカジキやさわらがおすすめ!
  • 酒 … 大さじ2
  • 酢 … 大さじ1/2
  • 砂糖 … 大さじ2と1/2
  • 醤油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ1と1/2

スポンサーリンク

昆布巻き(ごぼう&魚の切り身で)の作り方

昆布巻きの下ごしらえ

昆布巻きには、「早煮昆布」「棹前(さおまえ)昆布」といった商品名の若い昆布を使います。昆布を留めるかんぴょうも用意します。

芯に巻くものは、「ごぼう」と「メカジキやさわらなどの切り身」です。ごぼうは太すぎると食べにくいので、食べやすい太さのものを準備しましょう。

※このページではメカジキとさわら両方の切り方を見せるために、1切れずつ使っていますが、どちから1種類だけでOKです。

※かんぴょうを使わず、戻した昆布で巻くやり方もあり、その方法も工程の中で紹介しています。

かんぴょうは、塩ティースプーン1杯(分量外)を加えて手でもみ込み、さっと洗って塩を落とします。

バットやボウルにかんぴょうと昆布を入れて、ひたひたの水を加えて15~20分かけて水戻しします

※昆布とかんぴょうの戻し汁は、昆布巻きを煮る時のだし汁として使うので捨てないでおきましょう!

魚は骨のない「メカジキ」の切り身が切りやすく、巻きやすいのでおすすめです。メカジキの他には、「さわら」もしっとりとした食べ口で非常に美味しく仕上がります。

魚の切り身は両面に塩を薄くして5分置いてから、熱湯をかけて霜降りをします(※霜降りをすることで、臭みを抜き、身が締まることで棒状にも切りやすくなります)。霜降りをしたら、水気をふき取っておきます。

昆布巻きの巻き方

戻った昆布は20~30㎝長さに切ります(僕の使用しているまな板の奥行きが20㎝なので、それを基準に25㎝長さに切りました)。

昆布の幅に合わせ、洗って土を落としたごぼうを切ります。

切ったごぼうを昆布の上に置き、隙間のないようにしっかり巻きます。

20㎝長さほどに切ったかんぴょうで、昆布を留めます(幅の長い昆布は2か所、短い昆布は1か所を目安に)。

魚は棒状に切ります。昆布の幅に対して、長さが足りない場合は、短く切ったものを足すなどしてから、同じようにしっかり昆布で巻きます。

※メカジキは骨がないので、棒状に切るだけですが、さわらの場合は身の真ん中に血合い骨があるので、骨抜きで抜くか、その部分を切り落としてから棒状にきります。

戻した昆布を縦に7~8㎜幅に切るか裂くかして、それをかんぴょう代わりに使うのもおすすめです。

昆布巻きの巻き方、昆布の結び方などはかんぴょうを使うときとまったく変わらないので、好みでやてみてください。紐に使う昆布は、できるだけ厚みがあるものを使うとよいです。

昆布巻きの味付け/レシピ

巻いた昆布をフライパンに重ならないように並べ入れ、戻し汁を500ml注ぎ入れます(足りなければ水を足してください)。

また、昆布を柔らかくしたり、魚の臭みを取るために、Aの調味料(酒大さじ2と酢大さじ1/2)を加えます。

フライパンを中火にかけ、沸いたらアクを軽くすくい取ります。火加減を少し弱めて8分煮ます

落し蓋を外して一度火を止めて、Bの調味料(砂糖大さじ2と1/2、醤油大さじ2、みりん大さじ1と1/2)を加えます。

昆布を動かして調味料を軽く溶かしてから、再び火をつけて落し蓋を戻して、18~20分煮ます(火加減は弱火を少し強くしたくらいで、ぐつぐつ鍋肌で沸騰している状態を保って)

(目安の時間を参考に煮て)煮汁が少なくなってきたら落し蓋を外し、鍋底にうっすら煮汁が残るくらいまで煮汁を煮詰めたらできあがりです。

あとは食べやすい幅に切って盛り付けます(おせちなどに盛り付ける場合は、端を切り落としたりして、昆布巻きの長さを合わせるとよいです)
【保存の目安:冷蔵で3~4日ほど】

【補足】

  • メカジキ、さわらの他には、鮭の切り身や鯛の切り身などを使っても。メカジキ以外の切り身の場合は、血合い骨を抜くか、その部分を身ごと切り落としてから棒状に切ってください。
  • 魚の切り身の厚みが2㎝くらいある場合は、1㎝幅ほどに厚みを半分にしてから棒状に切るとよいです。
  • さわらは皮つきで巻いても美味しいですが、鮭などは皮を除いたほうが美味しいと思います。
  • ごぼうだけで作る場合は、魚の切り身200gをごぼう200gほどに置き換えて作ってみてください。魚だけの昆布巻きを作る場合は、その逆でごぼうの代わりに切り身を増やしてください。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

  1. ホーム
  2. レシピ検索
  3. 昆布巻き(ごぼう&魚の切り身で)のレシピ/作り方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
昆布
かんぴょう
おせち
ごぼう
さわら
メカジキ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

スポンサーリンク

  • 白ごはん.com Channel
  • きょうのおすすめレシピをつづるブログ
  • LINEトーク内で白ごはん.comレシピ検索できます!

公式SNS

  • 白ごはん.com 公式インスタグラム
  • 白ごはん.com LINE OFFICIAL BLOG
  • 白ごはん.com 公式ツイッター
  • 白ごはん.com 公式Facebook

冬のおかずレシピランキング

このレシピが使われている献立・特集