おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

カリフラワーの煮物(煮びたし)のレシピ/作り方

カリフラワーの煮物の写真

調理時間:20分以下※味をなじませる時間を除く

カリフラワーは実はだし汁と相性抜群なんです!煮物と煮びたしの中間のようなレシピで、冷めても温かくしてもどちらでも美味しい1品となってくれます。

カリフラワーに火を通しすぎないのがポイントなりますので、そのあたりをぜひチェックして作ってみてください。
【保存の目安:冷蔵で3日ほど】

このレシピのキーワード
お弁当
常備菜

印刷する

カリフラワーの煮物の材料(2~3人分)

  • カリフラワー … 小1株(正味300gほど)
  • だし汁 … 400ml
  • みりん … 大さじ2
  • 醬油(あれば薄口) … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 大さじ1/2
  • 塩 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

カリフラワーの煮物の作り方

カリフラワーの切り方

カリフラワーは外の葉を取って、房のない部分の余分な茎を切り落とします。

あとはブロッコリーと同じように、房を一つずつ切り落とし、大きければ2等分に切ります。切ったものは水につけて洗います。

※太い中央の茎も食べることができるので、房を切り分けるときに多少長くなっても一緒に切るとよいです。

カリフラワーの煮物のレシピ/作り方

カリフラワーを煮る前に、Aのだし汁や調味料をすべて鍋に合わせます。

鍋を中火にかけ、沸いたらカリフラワーを入れます。※カリフラワーは別ゆでするのではなく、直に煮汁で煮ます

再沸騰してきたら少し火を弱め、落し蓋をして3分ほど煮てカリフラワーに火を通します

そのまま熱い煮汁の中に置いておくと余熱で火が通りすぎてしまうので、カリフラワーはざる上げして煮汁と分けて冷まします※煮汁は冷水や氷水などを当てて急冷するとよいです。

ひと肌以下の温度になれば、煮汁とカリフラワーを合わせます。30分以上置いて味をなじませれば完成です。

そのまま冷ましたものを食べても美味しいですし、再度軽く温めてからいただいても美味しいです(長時間煮るのは柔らかくなるのでNGです!)

盛り付けるときは、カリフラワーと共に煮汁もたっぷりとかけてください。※冷蔵庫で3日ほど日持ちします

【補足】

  • カリフラワーを直煮するのは、カリフラワーからも根菜類をゆでたときのような、美味しい風味と味わいが出てくれるためです。
  • カリフラワーの大きさにもよりますが、冷たい状態で食べるのであればカリフラワーにしっかり火を通し(加熱時間の目安は3分ほど)、後から再度温めて食べるのであれば少し硬めに火を通すとよいと思います(加熱時間の目安は2分半ほど)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ