おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

揚げないで作る!エビマヨ野菜炒めのレシピ/作り方

エビマヨ野菜炒めの写真

調理時間:20分以下

揚げないで作る手軽なエビマヨを、野菜をたっぷり(ブロッコリー&れんこん)で作ります。

生姜やにんにくなどの香辛野菜もきかせることで、香りよく食欲そそり、白ごはんに合う仕上がりに!

このレシピのキーワード
えび
ブロッコリー
れんこん
マヨネーズ
炒め物

印刷する

エビマヨ野菜炒めの材料 (2~3人分)

  • エビ(無頭殻付き)…8~10尾
  • れんこん … 100g
  • ブロッコリー … 1/3~1/2株ほど
  • 生姜 … 1/2かけ(約5g)
  • にんにく … 1/2かけ
  • 小麦粉 … 小さじ1~2
  • サラダ油 … 小さじ1
  • ごま油 … 小さじ1
  • マヨネーズ … 大さじ3
  • ケチャップ … 大さじ1/2
  • 醬油 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

エビマヨ野菜炒めの作り方

エビマヨの下ごしらえ

用意する具材は、殻付きエビ、れんこん、ブロッコリー、香りづけに生姜とにんにくを使います。

まず、れんこんは皮をむいて半分に切り、さらに5㎜幅に切って水にさらしておきます。

※合わせる野菜はれんこんのみ、ブロッコリーのみでもOKです(その場合は各材料を倍量にしてください)。その他の具材候補については下記補足にて!

ブロッコリーは小房に切り分けて、切り口に包丁で切り込みを入れて手で半分に割きます(大きければ4等分に)。生姜とにんにくはみじん切りにします。

エビはさっと洗って殻をむくのですが、尾っぽにいちばん近い部分の殻もむくと食べやすいです。最後の殻は尾っぽをしっかり手で持ってむきましょう。

殻をむいたエビは背側全体に浅く切り込みを入れ、背ワタがあれば包丁でかき出します。

容器にエビを移し、塩、こしょう各少々(分量外)で下味をつけ、小麦粉小さじ1~2をふりかけて軽く手でも見込んで粉を絡ませておきます。

※エビの背中に切り込みを入れるのは、背ワタを取る目的もありますが、切り込みを入れることで火が通ったらその部分が開き、味が絡みやすくなるというメリットも。

エビマヨの野菜を炒める

エビマヨ炒めの手順は、野菜を炒めて取り出す→エビを炒めて野菜を合わせる→火を止めて味付けです。

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、熱くなれば火を少し弱め、水気を切ったブロッコリーとれんこんを加えます。箸で重なりが少なくなるよう広げ、時折返しながら2分炒めます

2分後に弱火にしてフライパンに蓋をします。蒸らし炒めの状態でさらに1~2分火を通します

蒸らし炒めの間も時折フライパンをふって上下を入れ替え、全体に火が通るまで蒸らし炒めします。

※フライパン一つで作るレシピは野菜(特にブロッコリー)に香ばしい焼き色が多少つきます。別でブロッコリーだけをさっと1~2分硬めに下ゆでするかレンジ加熱しておき、炒めたれんこんと合わせるとよりきれいな仕上がりとなります。

野菜に火が通れば、盛り付けるお皿に取り出しておきます。

※フライパンが小さい場合などは火の通りにムラができやすいです。その場合も均一に火を通すためにブロッコリーだけ下ゆでしておくとよいです。

エビマヨ野菜炒めのレシピ/仕上げ

フライパンにごま油を加えて弱火にかけ、生姜とにんにくを加えます。香りが立ってきたらすぐにエビを広げ入れます。

エビを入れたら火を少し強め、2分ほど炒めてエビの両面に火を通します

※エビは炒めすぎると硬くなるので、炒めすぎには注意が必要です!

エビや野菜すべてに火が通ったら火を止めます。Aのマヨネーズ大さじ3、ケチャップ大さじ1/2、醬油小さじ1/2は火を止めてから加えます

マヨネーズを加えてから加熱し続けるとマヨネーズが溶けてしまうので、火を止めてからでOKです。

調味料を全体にしっかりからませれば完成です。マヨネーズのコクや香辛野菜の香ばしさに加え、エビや野菜の食感よさがたまらなくご飯に合うと思います。

【補足】

  • このエビマヨ炒めを丼ぶりにするのもおすすめです。その場合は切り海苔を散らすとよいです。
  • ブロッコリーやれんこん以外の具材としてはごぼう、じゃが芋、アスパラ、いんげんなど、食感が楽しめるものを組み合わせるがおすすめです。野菜によって炒めて火を通したり、事前に下ゆでしてさっと炒め合わせたりやってみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
えび
ブロッコリー
れんこん
マヨネーズ
炒め物

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング