おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

ばっちり美味しい焼うどんのレシピ/作り方

焼うどんの写真

調理時間:20分以下

特別な調味料は使わずに、しっかりとした味付けになるよう工夫した焼きうどんレシピです。

野菜は冷蔵庫にある野菜に代えてもOK。たっぷり入れて作ってみてください。

このレシピのキーワード
野菜たっぷり
にんじん
豚肉
ピーマン
椎茸
ねぎ

印刷する

ばっちり美味しい焼うどんの材料(2人分)

  • ゆでうどん … 2袋(400g)
  • 豚バラ肉(薄切り) … 100g
  • にんじん … 1/4本
  • ピーマン … 2個
  • 椎茸 … 2~3枚
  • 長ねぎ(白ねぎ) … 1/2本
  • かつお削り節 … 1パック
  • サラダ油 … 小さじ2
  • 醤油 … 大さじ1と1/2
  • 酒 … 大さじ1と1/2
  • 砂糖 … 小さじ1
  • ごま油 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

ばっちり美味しい焼うどんの作り方

焼きうどんの材料の準備

作りやすい基本の焼きうどんの具材として豚ばら肉、長ねぎ、にんじん、椎茸、ピーマンを組み合わせています。まず、豚肉は1.5㎝幅に切ります。

※具材はその他に、キャベツ、玉ねぎ、きのこ類、小松菜、ニラなどを合わせても美味しいです。

にんじんは短冊切りにして、長ねぎは5~6㎜幅の斜め切りにします。また、ピーマンは種・ヘタを除いて縦に7~8㎜幅に切り、椎茸は軸を落として5~6㎜幅に切ります。

にんじんと長ねぎをはじめに炒め、後からピーマンと椎茸を加えるので、別々にしておくとよいです。

焼きうどんの味付けの基本

市販の焼きうどんには化学調味料が使われていることが多いですが、基本的な調味料のみで同じようにしっかりした味付けにすることも可能です。

ポイントは醤油をベースに少しのごま油と砂糖を加えることです。これで香りよく味の厚みも出てくれます。

※事前に混ぜ合わせておくとよいです。また、Aの酒はうどんを柔らかく蒸らすために入れています。

焼きうどんのレシピ/作り方

まず、少し多めの油(サラダ油小さじ2)をフライパンに入れて中火にかけます。

熱くなればにんじんとねぎを入れて炒め、1分弱くらい炒めて少し火が通ったころに豚肉を加えます。

豚肉を入れたら箸でほぐしながら炒め合わせます。豚肉の色が変わってきたら塩、こしょう各少々で下味をつけます

調味料がなじむように混ぜ合わせてから、うどんを入れるスペースを作ります。

※具の野菜を多めにする場合は、ここで加える塩の分量を少し多めにするとよいです。

空いたスペースにゆでうどん2玉を入れて、上にピーマンと椎茸をのせます。

そこに、合わせておいたAの調味料を加えて蓋をして2分ほど蒸らします(火加減は弱火に落とします)

2分蒸らす途中に一度だけ(1分経った頃に)蓋を開けて、箸で軽くうどんをほぐして混ぜ合わせます。再び蓋をして1分待ちます。

合計2分炒めると、うどんは蒸されて柔らかくなり、ピーマンと椎茸にも火が通っています。

あとは汁気が残っているようなら少し火を強め、フライパンをふって汁気を完全に飛ばせば完成です。器に盛り付けて鰹節をちらしましょう。

※好みで紅しょうがなどを添えても美味しいです。

【補足】

  • ゆでうどんは焼きそばの麺よりも、太さや硬さが様々です。このレシピはどちらかというと「太くて硬めなゆでうどん」でも美味しくできるようなレシピにしています。「やわかめで細めのゆでうどん」を使う場合は、Aで加える酒の分量を半分くらいに減らして、蒸らす時間を短くするとよいです(その場合はピーマンと椎茸もにんじんなどと一緒に炒めます)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ