おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

薄焼き卵のレシピ/作り方

薄焼き卵の写真

調理時間:10分以下

白ごはん.comでは『裏返さずに作る手軽な薄焼き卵の作り方』を紹介します。

フライパンに卵液を流し広げた後に、火から外して蒸らす、という手順で、錦糸卵よりも調味料も手順もよりシンプルになっています。

※白ごはん.comの錦糸卵との違いは2点で、一つは材料(錦糸卵には酒が入って砂糖もより多い)、もう一つは火の通し方(錦糸卵は焼き色を付けないこと重視なので濡れ布巾を使用)。薄焼き卵のほうが作るのは簡単です。

このレシピのキーワード

印刷する

薄焼き卵の材料 (作りやすい分量)

【卵3個分の材料】
  • 卵 … 3個
  • 砂糖 … 小さじ3/4
  • 塩 … 小さじ1/5ほど(約1g)
  • サラダ油 … 適量
【卵2個分の材料】
  • 卵 … 2個
  • 砂糖 … 小さじ1/2
  • 塩 … ふたつまみ
  • サラダ油 … 適量

スポンサーリンク

薄焼き卵の作り方

薄焼き卵の準備

このレシピでは26㎝大のフライパンを使用して、卵3個なら2~3回に分けて焼き、卵2個なら1~2回に分けて焼く、というやり方です。

まず、卵をボウルに割り入れて箸で卵黄をつぶし、卵を混ぜ合わせます*泡立てるのではなく箸を左右に動かして切るように混ぜます

大きい卵白があれば箸ですくい取って卵白を切り、しっかり混ざれば調味料を入れていきます。

調味料は砂糖と塩のみでシンプルでOKです。調味料を溶かすように混ぜ合わせれば卵液の完成です。

薄焼き卵の作り方/焼き方

 フライパンにサラダ油小さじ1/2ほどを入れて中火で熱し、フライパンをしっかり熱くします。油を全体に広げます。

 卵液(ここでは卵3個分の1/2量)を入れて、すぐにフライパンを傾け回しながら、フライパン全体に卵液を流し広げます。

 均一に広がった卵液は、フライパンをまわすように動かし続けると、次第に固まりはじめて動きがにぶくなります。そうしたらすぐに火を消します(※このときの卵液は動かなくなっただけで、表面はつややか生っぽい状態ですぐ④工程にうつります)。

 フライパンに蓋をしてコンロから外し、2分ほど余熱で卵に火を通します

 2分後に蓋をとり、指でさわってもべたつかず表面に火が通っていれば完成。熱々ではなくなっているので手で取り出し、残った卵液を同様に焼きます。

 すべての薄焼き卵が焼けたら、幅をそろえて重ね、端から細切りにします。

※冷凍するときはどうするといい??※

薄焼き卵は冷凍可能です(冷凍して2~3週間以内に使い切るとよいです)。もちろん焼き立ての方が風味がよく、しっとりしていますが、具材の一つとして使うには十分なので、余ったらぜひ冷凍してみてください。

下の写真のように切ってから冷凍しておけば、例えばスープ(おみそ汁でもOK)などの具に、冷凍したままの状態で入れることもできて手軽です。

【補足】

  • 蒸らし時間は2分が目安ですが、厚みが薄ければ1分でも十分です。適宜蒸らしの時間は調整してください。卵液の量が多かったり、フライパンの厚みなどによっては、2分後に表面がまだ固まっていないことも。その時は余熱の時間をさらに長く取るか、薄焼きを裏返して、軽く表面を固める程度に弱火で焼いてあげてください。
  • 薄焼き卵は特に卵液をこさずに作っているので、焼き上がりの表面に卵白の白い塊があることもあります。でも反対の面はきれいな焼き上がりですし、切ればまったく気にならないと思います。
  • 比較すると、錦糸卵はお酒も入ってよりしっとり食感、砂糖も少し多めです。薄焼き卵は調味料を控えめにしてよりシンプルにしています。焼き方に関しても、錦糸卵は焼き色を付けないよう濡れ布巾にあてて余熱で火を通しますが、薄焼き卵は火からはずすだけ。より簡単な作り方にしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ