おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

山口名物の瓦そばのレシピ/作り方

瓦そばの写真

調理時間:60分以下

TBSドラマ「逃げ恥」で登場した山口県の郷土料理である‟瓦そば”。

私も下関出身なので、小さい頃から何度も食べてました。逃げ恥に敬意を込めてのレシピ化です(笑)

このレシピのキーワード
牛肉

印刷する

山口名物の瓦そばの材料 (2人分)

  • 茶そば(乾麺) … 150gほど
  • 錦糸卵 … 卵2個分
  • 牛こまを煮たもの … 150gほど
  • 刻みねぎ … 2〜3本分
  • 大根おろし … 少々
  • レモンの輪切り … 2枚
  • 一味唐辛子 … 少々
  • サラダ油 … 小さじ1
  • だし汁 … 150ml
  • 醬油 … 大さじ2
  • みりん … 大さじ2
  • 卵 … 2個
  • 砂糖 … 小さじ2
  • 酒 … 小さじ1強
  • 塩 … ふたつまみ
  • 牛こま切れ肉 … 150g
  • 醬油 … 大さじ1と1/3
  • 酒 … 大さじ1と1/3
  • みりん … 大さじ1と1/3
  • 水 … 大さじ1と1/3
  • 砂糖 … 小さじ1

スポンサーリンク

山口名物の瓦そばの作り方

下関の郷土料理「瓦そば」の材料

瓦そばに必須の材料は「茶そば、錦糸卵、牛肉を炊いたもの、刻みねぎ」。ここにレモンの輪切りやもみじおろし、刻み海苔などを合わせます。

ゆでた茶そばを熱した瓦の上に具材とともにのせ、温かいつゆでいただく料理なのですが、今回は家庭で作りやすいようにフライパンで茶そばを炒めるレシピで紹介したいと思います。

※食べ方としては、添えられたレモンの輪切りやもみじおろしは温かいつゆに入れ、薬味として香りや味を楽しみつつ、めんと具材をつゆにつけていただきます。

瓦そばの具材の準備

まず、茶そばをゆでる前に具材である錦糸卵と牛肉の炊いたものを用意します。

錦糸卵はよく卵を溶いてAの調味料を加え、フライパンで薄く焼いてから細く切ります→「錦糸卵の作り方」に詳しい焼き方などを紹介しています。

牛肉はBの調味料を鍋に合わせてよく溶かし、火にかけて煮汁が沸いたら肉をほぐしながら4〜5分煮て仕上げます→「肉うどん」と作り方が同じなので参考に。

「肉うどん」のレシピでは煮るときに生姜が入っていますが、瓦そばは薬味たっぷりなので生姜なしでOKです。

瓦そばのレシピ/作り方

上の2つの具材のほかに、刻みねぎやレモンの輪切り、もみじおろしも準備しておき、すべて用意できたら茶そばをゆではじめます(もみじおろしは今回‟大根おろし+一味唐辛子”で代用)。

鍋にたっぷりの湯を沸かし、袋の表示時間通りに茶そばをゆでます。ゆで上がったらざるに上げ、流水で軽くぬめりを取ります(完全に冷やさなくてOK)。

この後にフライパンで炒めるのですが、ここで大切なのはざるでしっかり水気を切ったあとにも、水気が麺の間にまだ残っているので、麺に手をギュッと押し当てるようにして水気をさらに切ることです。

麺をゆでている間にでも、鍋に分量のだし汁、醤油、みりんを合わせ、一度軽く煮立たせます(アルコール分を飛ばすため)。食べる時も温かいつゆでいただくので、食卓に出す直前に再度温めてください。

大きめのフライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、茶そばを入れます。はじめは麺を炒め混ぜ、全体に油をいきわたらせます。

そのあとは片面1分ずつくらい、両面を動かさずに焼きます(火加減は弱めの中火くらい)。麺が少しカリッとするくらいがおすすめです。

瓦そばの盛り付け/仕上げ

大きめの器に焼いた麺をそのまま移し、錦糸卵、牛肉を炊いたものを中央に盛り付け、刻みねぎをちらします。レモンの輪切り+大根おろしは一緒に盛っても、別盛りしてもどちらでもOKです。

つゆを温めて猪口などにそそぎ入れ、レモンの輪切りと大根おろしをその中に入れて、具材と茶そばを一緒につゆにつけていただきます!

【補足】

  • 温めたつゆに、牛肉を炊いた煮汁を少量ずつ合わせてもコクが出るのでおすすめです。また、今回はのせませんでしたが、刻み海苔を薬味にするのも美味しいです。
  • 牛肉や錦糸卵、薬味もたっぷり使う瓦そばは、料理として「茶そば」を使うことで味わいのバランスがうまく取れているように感じます。レモンや大根おろしも隠れた名わき役なので、ぜひ一度お試しください!
  • 器情報:光春窯 海鼠釉 9寸皿(瓦そばを盛り付けた黒の器です)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
牛肉

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ