おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

洗い米とは?その使い方や保存のまとめ

洗い米の使い方や保存のまとめの写真

調理時間:10分以下

洗い米とは『研いで浸水させた米を水切りしたもの』。鍋でご飯を炊くときには必須の工程でもあります。

しかし、鍋炊きではなく普段のご飯の準備の際にも非常に便利で、炊飯器の急速炊飯コースで炊いても美味しく炊けるというメリットが!

このレシピのキーワード
毎日の食事

印刷する

洗い米の材料(分量不問)

  • 米 … 適量
  • 水 … 研ぐとき、浸水させるときに適量

スポンサーリンク

洗い米とは?その使い方や保存のまとめ

洗い米とは?

料理屋に勤めていたときに毎日用意していたのが“洗い米”です。上にも書きましたが、洗い米とは”研いで浸水させた米を水切りしたもの”です。

鍋や土鍋で炊飯する際に必要な工程なのですが、炊飯器を使う場合にもメリットがあって【洗い米を使えば急速炊飯でも美味しく炊ける】のです。

急いでいるとき、すぐにご飯が炊けてほしいとき、洗い米があることで何十分かを短縮可能になります。以下に基本的なことも含めまとめていますので、ぜひ家庭でも活用してみてください。

洗い米の作り方

まずはいつもの要領で米を研ぎます。研いだあとに何度か水を取り替えて、うっすら米が透けて見えるくらいの透明度になれば一度水を切ります。

※ここの詳細は「米の研ぎ方」を参考に!

水気を切った研いだ米に水を注ぎ入れます(浄水器を通した水やミネラルウォーターならなお良いです)。水の分量は米から1~2㎝上ほどまででOKです。

その状態で米に水を吸わせます。浸水させておく時間は、夏場の水がぬるい時期なら30分、冬場の水が冷たい時期なら1時間が目安です。

その間に米はだんだんと白濁してきて、最後には米粒が真っ白になります。そうなれば吸水の完了なので、ざる上げします。

洗い米の保存方法と期間

吸水できた米をざる上げして、水気を切れば洗い米の完成です。米粒の間に水が残りやすいので、しっかり水気を切ることが大切です。

洗い米はすぐ使う場合もあれば、後で使うこともあるものです。保存する場合は【ざる上げしたざるのまま、下にボウルを受けてラップをする】もしくは【ビニール袋に移して封をする】かのどちらかがおすすめ。

保存期間に関しては必ず冷蔵庫で保存し、2~3日で使い切る(=2~3日のうちに炊飯する)ようにします。

※保存期間の幅は、冷蔵庫でも夏場は温度が変化しやすいのため、暑い時期は2日以内に使うようにする、くらいに考えればOKです。

洗い米は何が便利か?

普通に米を研いで炊飯器にセットして、ということで十分に美味しいお米が炊けるのに、なぜ洗い米が必要かというと、そこにはちゃんと理由があります。

米は収穫したものを保存がきくように乾燥させたものなので、本来は研いだ米をきちんと浸水させた後に炊いたほうがふっくら炊けるのです。

そんな理由から、鍋炊きご飯や土鍋炊きご飯のときには事前の浸水は必須ですし、炊飯器炊きの時でも洗い米を使うことでふっくら炊き上がります

ただ、それ以外にも洗い米の便利が使い方があって、炊飯器の【急速炊飯コース】を使っても、米に芯が残らずふっくら炊き上がるということです。

洗い米を使った炊飯器での炊き方は、難しい点は何もなく、「何合分の米を洗い米にしたか」を把握しておき、洗い米を炊飯器の内釜に入れたらその合数分の目盛まで水を加えて急速炊飯コースで炊くだけです。

何種類かの炊飯器を使って比較してみても、普通に炊くと米に芯が残りがちな急速炊飯コースが、洗い米で炊くとふっくら炊き上がりました

普通の炊飯と急速炊飯の時間差は炊飯器にもよりますが、幅がある機種で30分くらい違うものもあります。その時間を短縮でき、なおかつ美味しい炊き立てを食べることができるのが洗い米を使うメリットだと思います。

もちろん鍋炊きご飯にも!

白ごはん.comでは「蓋付き鍋を使った鍋炊きご飯」「土鍋ご飯」などでも、洗い米を用意したうえでそれぞれ炊く工程となっています。

炊飯器炊きとは違う炊き上がりになりますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【補足】

  • 炊飯器は普通コースで炊くことを基本としているので、やはり時間の短い急速炊飯コースは炊き上がりが硬めだったり、芯が残りがちだったり…。ぜひ一度洗い米で炊いてみてください。
  • 冷蔵できるなら冷凍もできる?と思ってやってみたのですが、冷凍する家庭で米が割れるのか、炊き上がりがぼろぼろになりました…。冷凍は不可です。
  • 洗い米の作り方は、上で紹介したように水にしっかり浸水させて白濁させるやり方とは別に、浸水はさせずに研いだ米をざる上げしておくだけ、という方法もあります(これはざる上げしても米の周りには水分があってそれを吸わせる考え方です)。私はしっかり吸水させるやり方の方が様々使いやすいと思うので、上の方法でずっとやっています。
  • 3種類ほどの炊飯器では確認したのですが、もし「うちの炊飯器でやるとこうなった」などありましたら、ぜひ教えてください。このページに追記しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ