おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

つるむらさき(蔓紫)のクルミ和えのレシピ/作り方

つるむらさきのクルミ和えの写真

調理時間:10分以下

つるむらさきは夏に旬をむかえる野菜で、ぬめりと香りが楽しめます

個人的にはごま和えよりもクルミ和えにしたほうが、つるむらさきがより美味しく食べられるような気がしています。クルミが手元にあればぜひお試しください。

このレシピのキーワード
夏野菜
つるむらさき

印刷する

つるむらさきのクルミ和えの材料 (3人分前後)

  • つるむらさき … 100g
  • 素煎りクルミ … 10~15gほど
  • 醤油 … 小さじ1と1/2
  • 砂糖 … 小さじ1

スポンサーリンク

つるむらさきのクルミ和えの作り方

つるむらさきの下ごしらえ

つるむらさきは、まず茎の根元をそろえて色が変わった部分、乾燥した部分を少し切り落とします。

そして、茎も穂先も3~4㎝幅に切ります。太い茎と、葉っぱや穂先では火の通りが違うので、だいたいでよいので「茎」と「葉や穂先」に分けておきます。

クルミは包丁で粗く刻んでから、すり鉢に入れて粗くつぶしておきますU少し粒が残るくらいの加減で)。

※生の煎っていないクルミの場合はフライパンやオーブントースターなどで軽く煎ってから上のように下ごしらえしてください。

つるむらさきのみそ汁のレシピ

鍋にお湯を沸かしてティースプーン1杯ほどの塩(分量外)を入れ、つるむらさきの茎を入れます。

つるむらさきの葉を入れる前に、茎だけ先に1分ほど火を通すとよいです。

1分後に葉と穂先を入れ、箸で沈めます。ここから1分ゆでて、すぐに冷水か氷水に取ります。

つるむらさきが冷めたら、手でギュッと水気をしぼります。ボウルに入れて、つぶしたクルミとAの調味料を加えます。

さっと全体を混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

【補足】

  • ほうれん草や小松菜などの青菜でも、上と同じ要領でクルミ和えが作れます。ただ、つるむらさきくらいパンチのある野菜のほうがクルミと相性がよりよいように思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
夏野菜
つるむらさき

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ