おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

春菊のごま和えのレシピ/作り方

春菊のごま和えの写真

調理時間:10分以下

ゆでた春菊の食べ方として、春菊は風味が強いからこそ、同じく香りの強いごまを合わせる『ごま和え』がおすすめです。

春菊単体でもいいですし、工程の下ではにんじんと合わせた春菊のごま和えも紹介しています!

このレシピのキーワード
春菊
ごま和え
にんじん

印刷する

春菊のごま和えの材料 (2〜3人分)

  • 春菊 … 1袋(100g)
  • 炒りごま … 大さじ1
  • 醤油 … 小さじ1
  • 砂糖 … 小さじ1/2

スポンサーリンク

春菊のごま和えの作り方

春菊のゆで方

春菊は青菜の中でも土や汚れが残りやすい野菜なので、ため水の中でよく洗ってから、茎→葉と時間差をつけて1分ほどゆでて冷水に取ります。
※ゆで時間など詳しい下処理は「春菊のゆで方」を参考にしてください。

春菊のごま和えの作り方

ゆでた春菊は軽くしぼってから4~5㎝幅に切ります。切った後にも水気が出るので、和える前にもう一度しっかり水気をしぼることが大切です。

すり鉢にごま(大さじ1)を入れて半分ほど粒が残るくらいにすり、調味料(醤油小さじ1、砂糖小さじ1/2)を加え、ヘラなどでしっかり混ぜます。

和え衣ができたら、水気をしぼった春菊を和えるのですが、水気をしぼってギュッと固まっているので、春菊を箸や手でほぐしながら和えるとよいです。

春菊ににんじんを合わせても

春菊単品のごま和えも美味しいですが、にんじんを棒状に切って、春菊をゆでるタイミングで一緒にやわらかめに塩ゆでし、一緒にごま和えにしても美味しいです。

※その場合は春菊100gに対し、にんじん1/3本(50gほど)でちょうど良いと思います。

【補足】

  • すりごまを使う場合は、大さじ2くらいまで増やしても美味しいです。また、炒りごまを使う場合も、ごまを少し炒ってから使っても風味がよくなります→ごまの炒り方のページへ
  • 春菊は風味の強い野菜なので、白ごまの代わりに黒ごまを使っても、美味しく仕上がります!
  • レシピ更新情報:工程写真を撮り直し、和え衣の砂糖の分量を少し減らしました(2019.11)

白ごまと黒ごまの味の違いや使分けについて!

白と黒のごまの違いや使い分けをブログでまとめていますので、こちらもぜひご覧ください。「白ごまと黒ごまの違いについて」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
春菊
ごま和え
にんじん

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング