おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

春菊のゆで方/ゆで時間などの下ごしらえ

春菊のゆで方/ゆで時間の写真

調理時間:10分以下

春菊をゆでて使う際の、春菊の下ごしらえの注意点をまとめてみました。

泥が付いていることが多いので葉をしっかり洗うこと、茎と葉を時間差でゆでることなど、詳しく紹介しています。

このレシピのキーワード
春菊
調理の基本「ゆでる」をマスター

印刷する

春菊のゆで方/ゆで時間の材料

  • 春菊 … 1袋(100g)
  • 塩 … ティースプーン山盛り1杯ほど

スポンサーリンク

春菊のゆで方/ゆで時間などの下ごしらえ

春菊の洗い方

春菊は他の葉物野菜よりも汚れや土が付いていることが多いので、下ごしらえでしっかり洗うことがポイントです。

まず、葉っぱ側をため水の中でふり洗いをして、次に茎側を洗うとよいです。

※特に露地栽培ものだと、葉っぱの裏側に土などが残っていることも多いので、注意しつつ洗ってみてください。

春菊のゆで方/ゆで時間

春菊をゆでるときのポイントは『塩加減』『輪ゴムを使うこと』、それから『茎と葉を時間差でゆでること』です。

洗い終えたら輪ゴムで束をまとめ、鍋に湯を沸かしてティースプーン山盛り1杯の塩を加えます。はじめに春菊の葉を手で持って茎を湯に浸け、茎の部分だけを先に30秒(太い春菊なら45秒)ほどゆでます

※輪ゴムを使うことで、ゆでる→冷ます→切るという後の流れがぐっとやりやすくなるのでおすすめです。

30秒経ったころに全体を落として、箸で春菊を湯にしずめ、続けてさらに30秒ほどを目安にゆでます(途中1回春菊の上下を入れ替えて均一に火を通すようにするとよいです)。

ゆで上がったらすぐに冷水(もしくは氷水)に落とし、春菊を冷まします。

軽く水気をしぼってから、料理に使う幅に切り分け、もう一度しっかり水気をしぼることが大切です。

※醤油&かつお節でシンプルに食べても美味しいですし、胡麻和えや汁物の具としてもおすすめです

【補足】

  • ゆでた春菊は冷蔵保管で2日ほど、冷凍保管なら1か月ほど美味しくいただけます。
  • 青菜類をゆでるときに、ゆで湯にしっかり塩を加えることで、ほんのり塩気がつき、青菜の味わいを引き立ててくれます。
  • レシピ更新情報:すべての工程写真を撮り直しました(2019.11)

ほうれん草の下ごしらえはまたちょっと違います!

ほうれん草は根元に泥がつきやすい野菜。なので、根元をザクザク十字に切り込み入れます!合わせてぜひチェックしてみてください。「ほうれん草のゆで方/下ごしらえ」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
春菊
調理の基本「ゆでる」をマスター

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

SNS好評レシピランキング