おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

栗の鬼まんじゅう(栗の蒸しまんじゅう)のレシピ/作り方

栗の鬼まんじゅうの写真

調理時間:60分超過※栗をゆでる時間を含む

鬼まんじゅうは、東海地区でよく作られるサツマイモの入った蒸しまんじゅうのこと。そのサツマイモを栗に置き換えて作ってみたレシピです。

栗本来の風味や甘みが楽しめる、素朴なおやつです。特にベーキングパウダーなども必要ないので、栗が旬の時期にぜひお試しください!

※栗によっては、特に時間を置いたときの生地の色合いが写真よりも少し黒っぽくなることがあるかと思いますが、味には影響ありませんので!

このレシピのキーワード
蒸し料理
名古屋めし
ヴィーガン

印刷する

栗の鬼まんじゅうの材料 (5~6個分)

  • 栗 … 殻付きで300g
  • クッキングシート … 適量
  • 砂糖 … 大さじ4(40g)
  • 塩 … ふたつまみ
  • 水 … 大さじ2
  • 小麦粉 … 50g
  • 水 … 大さじ3

スポンサーリンク

栗の鬼まんじゅうの作り方

栗の下ごしらえ

栗を洗って鍋に入れ、1Lに対して大さじ1/2ほどの塩(分量外)を加えて塩ゆでします。

沸いたら弱火にして、30〜40分ほど栗をゆでます(小さめなら30分、大きめなら40分が目安)。

栗のゆで方も参考に。上の写真は買ったものをまとめてゆでているので、栗300gより少し多めとなっています。

ゆで汁ごと冷まして粗熱が取れたらざる上げし、栗を半分に切って実を取り出します。

スプーンで取り出す際に、できるだけ栗の大きな塊を残すように取り出すようにしましょう。

栗に砂糖をまぶし、生地を作る

ボウルにAの砂糖大さじ4、塩ふたつまみ、水大さじ2を加えて、ヘラなどで全体を混ぜ合わせ、15分置いて、栗に砂糖の甘みをなじませます

15分後に、Bの小麦粉50g、水大さじ3を加えて(小麦粉はふるって)、ボウルの底と側面をしっかりこそげ取りながら、全体を混ぜ合わせます。

栗の鬼まんじゅうの蒸し方/蒸し時間

クッキングシートを7~8㎝四方ほどに切っておき、スプーンなどで栗ごと生地をすくい取ってのせます。

少し山ができるようにこんもりとのせるとよいです。それを蒸し器に並べ、しっかり沸騰を保った状態で、17〜20分ほど蒸します(火加減は中火~弱めの強火ほど)

※茶碗蒸しなどの蒸し物には水滴が落ちないよう蓋に布巾を巻いたりしますが、鬼まんじゅうは多少ぬれても問題ないのでその手間は省いてOKです。

蒸し上がれば、蒸気に注意しながら火から外して出来上がりです。栗の食感もしっかり残って、食べ応えもばっちりです!

ベーキングパウダーなども特に必要ないため、材料と工程はいたってシンプルかと思います。ぜひ栗が旬の時期にお試しください。

【補足】

  • サツマイモの鬼まんじゅうと違って、粉状に細かくなる栗がどうしても出るので、小麦粉や水の分量を調整しています。
  • 栗によっては、特に時間を置いたときの生地の色合いが写真よりも少し黒っぽくなることがあるかと思いますが、味には影響ないかと思っています。

お気に入りを登録しました!

メモを保存すると自動的にお気に入りに登録されます。

閉じる

メモを保存しました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
蒸し料理
名古屋めし
ヴィーガン

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

秋野菜レシピランキング