おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

やさしい味わいのミートソースのレシピ/作り方

ミートソースの写真

調理時間:30分以下

市販品のようなくどさのない、やさしい味の手作りのミートソースのレシピをまとめてみました。

このレシピの味付けは、スパゲッティにしてもちろん美味しいのですが、ごはんに丼ぶりのようにのっけても本当に美味しい!だまされたと思ってぜひ一度お試しください。
【保存の目安:冷蔵で5日ほど、冷凍で1か月】

このレシピのキーワード
ひき肉
玉ねぎ
にんじん

印刷する

ミートソースの材料(作りやすい分量)

  • 合びき肉 … 250g
  • 玉ねぎ … 150g(小1個、大なら1/2個が目安)
  • にんじん … 1/2本
  • にんにく … 1かけ
  • トマトホール缶 … 1缶
  • 小麦粉 … 大さじ1/2
  • オリーブオイル… 小さじ1ほど
  • 塩 … 小さじ1
  • 醤油 … 小さじ1
  • 砂糖 … 大さじ1
  • カレー粉 … (あれば)耳かき1杯分ほど

スポンサーリンク

ミートソースの作り方

白ごはん.comのミートソースは…

特別な材料を使わないミートソースの作り方を紹介しています(隠し味にカレー粉も入れますが、あれば入れるくらいでOKです)。

そんな風に作ると、くどさもなく、パスタはもちろん下の写真のようにごはんにのっけても本当に美味しい!ある程度まとめて作るので、ぜひごはんのっけも試してみてください。

ミートソースの下ごしらえ

はじめに、玉ねぎなどの野菜をカットします。玉ねぎのみじん切りは「玉ねぎのみじん切りのやり方」も参考にしてみてください。

続いて、にんじんも同じようにみじん切りにします(棒状に切ってから細かく刻むとよいです)。にんにくも細かいみじん切りにします。

*切った野菜は一度にまとめてフライパンに加えるので、一つの容器にまとめておいてOKです。

ミートソースのレシピ/作り方

フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、熱くなればカットした玉ねぎ、にんじん、にんにくを一度に加えます。中火のまま2分ほど炒めて軽く火を通します

続いて、合いびき肉を加え、ヘラなどで軽くほぐします。※細かくほぐすのではなく、軽くほぐす程度でOKです。少しだけ肉の塊が残る仕上がりにすると食べ応えが出てくれます。

軽くほぐしたらフライパンをふって野菜となじませ、フライパンの底面に当たる部分のひき肉を焼く気持ちで、あまり動かさずにそのまま炒めます。底面が焼けたらまたフライパンをふります。

それを何度か繰り替えすと、少し塊の状態が残りつつ、ひき肉に火が通ってくれます。肉の色がほぼ変わって火が通れば、次の工程に移ります。

トマト缶を加える前に塩ひとつまみ、こしょう少々で下味をつけ、小麦粉を全体にふりかけておきます

小麦粉はこの分量に対して大さじ1/2ですが、これだけでもほんのりとろみがつくので、省かずにぜひ加えてください。小麦粉を全体にふりかけたら、軽く混ぜ合わせます。

続いて、トマト缶を加え、水100mlで缶に残ったトマトを落とし、それもすべて加えます

それから、ヘラで軽くトマトをつぶしておきます(トマトのつぶし加減は好みなので、しっかりつぶしても!)。

軽く沸いてきたら、火加減を少し落とし、Aの調味料をすべて加えて混ぜ合わせます。強めの弱火くらいの火加減で10分煮ます

※Aの中に隠し味としてカレー粉を使っています。カレー風味が感じられないくらいの少量使いですが、少し入ることで肉の臭みを消し、ソースの風味を引き立ててくれます(隠し味なのでなければ入れなくてもOKです)。

時おりフライパンの底を混ぜながら、10分で軽く汁気を飛ばします。10分後にはヘラで線を書くとフライパンの底がきれいに見えるくらいまで汁気が少なくなっているはずです。

これでミートソースが完成です。粗熱が取れたら清潔な保存容器に移し、冷蔵庫や冷凍庫で保存しましょう。※日持ちの目安は冷蔵で5日ほど、冷凍で1か月です。

【補足】

  • ごはんにのせて食べるときは、そのままをのせるだけでも十分に美味しいですが、好みで半熟ゆで卵などをのせて一緒にたべても美味しいです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

おすすめの鍋ものレシピ