おもてなし料理から和食の基本まで♪いちばん丁寧な和食レシピサイト

カツオの竜田揚げのレシピ/作り方

カツオの竜田揚げの写真

調理時間:20分以下

新鮮なカツオの刺身が手に入ったら、醤油ベースの味付けの竜田揚げにするのもおすすめです。

辛子とにんにくを少しきかせるのがポイント!※練り辛子の辛みは揚げる工程で飛んでくれるので、風味だけが残ってくれます(詳しくは下記参照)。

このレシピのキーワード
揚げ物
カツオ

印刷する

カツオの竜田揚げの材料 (2~3人分)

  • かつおの刺身(さくの状態で) … 400g
  • 練り辛子 … 小さじ1/2(チューブなら3㎝分)
  • おろしにんにく … 少々(チューブなら1㎝分)
  • 片栗粉 … 大さじ5ほど
  • レモン … 好みで1切れほど
  • 揚げ油 … 適量
  • 醤油 … 50ml
  • 酒 … 50ml
  • 砂糖 … 小さじ1/3

スポンサーリンク

カツオの竜田揚げの作り方

カツオの竜田揚げの準備と味付け

カツオが旬の時期には“さく”の状態で刺身が安く売られていることも。刺身で食べるのはもちろん美味しいのですが、竜田揚げもおすすめなので、手に入った時にぜひお試しください。

カツオは1㎝強くらいの幅に切ります(魚屋さんで切ってもらっても)。

※私は1.2~1.3㎝幅くらいに切って作っています。厚みが薄いと醤油感が強くなり、厚みが厚いとカツオ自体の身の食べ応えがアップします。

カツオの竜田揚げにはにんにくと辛子をきかせるのがおすすめ。材料部分にも書きましたがチューブならにんにく1㎝分、辛子3㎝分くらいが目安です。

※にんにくの風味に加え、辛子の風味が思いのほか相性よいです。揚げるときに辛子の辛みはすべて飛ぶため、辛子由来の香りとコクのような味わいがプラスされます。

ボウルにAの調味料(醤油、酒、砂糖)を加えてよく混ぜ合わせて醤油ベースの竜田揚げの漬けだれを作ります。

漬けだれにカツオの刺身を漬け込みます。漬け込む時間は10~15分です。

時おり上下を返しながら漬け込むか、上にキッチンペーパーをかぶせるなどして、カツオに味をなじませます。

カツオの竜田揚げのレシピ/作り方

時間がきたら漬けだれをすべて捨てます。バットなどに片栗粉を入れ、汁気を切ったカツオを1切れずつ、粉の中に入れて表面にまんべんなく粉を付けます。

粉を付ける前に揚げ油は180~190℃に熱しておきます。

余分な粉を落としてカツオをそっと揚げ油に落とし入れ、180℃で3~4分ほど揚げます。表面が少しこんがりと色づけば、取り出します。

カツオの厚みなどによっては揚げた竜田揚げに塩を少しふりかけるとちょうどよい美味しさ、塩加減になる場合があるので、一つ食べてみて確認して、必要があれば塩をふります。好みでレモンを添え、熱々をいただきましょう!

【補足】

  • 辛子の有無でも食べ比べしてみたのですが、辛みの抜けた辛子の風味やコクのような味わいが、ちゃんといい仕事をしてくれていました。なので、辛子入りのレシピにしています。また、辛子の辛みは抜けるのでお子さんでも食べることができるレシピだと思います。
  • カツオの刺身自体の温度が低いため、揚げ油に投入したときに油の温度が下がりやすいです。油に対してたくさん入れすぎないことや、180℃で揚げるなら投入時は少し高めの190℃くらいにしておくといったことにも注意して揚げるとよいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このレシピのキーワード
揚げ物
カツオ

検索条件キーワード無しでジャンルや調理時間のみでも検索できます

ジャンル
種別
調理時間

ぜひ試してもらいたい厳選レシピ